ビハール料理

ビハール

仏教とヒンドゥー教の菜食が伝統

東インドのビハール州は、古代に栄えたマガダ国があった地域で、釈迦ことゴータマ・ シッダッタが悟りを開いたブッダガヤがある、仏教生誕の地として有名です。現在も仏教関連の史跡が多くあり、州の中部にはガンジス川が流れています。2000年にはジャールカンド州がビハール州から分離しました。

そうした仏教や、ヒンドゥー教の非暴力の価値観に影響を受けて、ビハールの伝統料理には卵や魚、肉はなく、基本は菜食です。ただし、ガンジス川のほかにも河川が多いため、流域には魚料理を食べる人も。また鶏肉や羊肉を食べるノン・ベジの人もいます。乳製品は仏教、ヒンドゥー教ともタブーではないために種類も豊富。ダヒと呼ばれるヨーグルトや、バターオイルのギー、バターなどが1年を通して食べられています。また、ビハール料理は北インド料理に似た特色を持っていますが、東インドのベンガルの影響を受けて、マスタードオイルもよく使います。燻製のとうがらしを使った料理も特徴的。

代表的な料理は、ひよこ豆粉と小麦粉、スパイスを丸めてゆでるピッタ、スパイス入りのマッシュポテトのようなアルー・チョカ、小麦粉や雑穀粉、とうもろこし粉と牛乳、ドライフルーツを混ぜて作るサットゥ・ダリアなど。ケバブやキーマ、パラータといった北インド料理もポピュラーです。

ボジプリ料理

ビハール西部に住むボジプリ語を話し、お祭りや宗教儀式に誇りを持った農耕民族ボジプリ人の間では、スパイシーな料理がポピュラー。代表的な料理は、具入りの焼きまんじゅうのようなリッティ、ひよこ豆粉のパンダルプーリ、ひよこ豆のかき揚げのようなバブーラなどです。

なお、ボジプリ人は19世紀に労働者としてシンガポールや南米のガイアナ、スリナム、カリブのトリニダード・トバゴ、南太平洋のフィジー、アラビア海のモーリシャス等に渡り、現地には今でもボジプリ人のコミュニティがあります。

author

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に情報の無断での商用利用はくれぐれもしないでください。

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

国ごとの地方料理リスト

アーカイブ

  • RSS フェイスブック ツイッター