9月 2012


デリー料理

デリー自体には特に料理の特色がありませんが、ムガール帝国の首都だったこともあるだけにムガール料理の本場で、優れたレストランが数多くあります。


ポンディシェリー料理

ポンディシェリー料理は、南インド料理を基本に、フランスなどヨーロッパのスタイルがミックスしたものです。


アンダマン・ニコバル料理

アンダマン・ニコバル諸島は先住民を含む5部族の保護などを目的に、インド政府が外国人の立ち入りを制限している地域です。


チェッティナド料理

南インドのタミル・ナドゥ州南部にあるチェッティナド地方の料理は、非菜食(ノンベジ)を中心に、インドの中でももっともスパイスの薫り高い料理だといわれています。


ウドゥピ料理

ウドゥピ料理は、13世紀にこの街のクリシュナ寺院を中心にした僧院から誕生した、南インドの純菜食(ピュア・べジ)です。


カルナタカ料理

南インド・カルナタカ州の料理は、他の南インドの州、および西インドのマハラシュートラ州の料理に影響を受けながら、大まかに北と南で特徴が分かれます。


ハイデラバード料理

ハイデラバード料理は、アーンドラ・プラデーシュ州の土着民族であるテルグ族等のスパイス使いに影響されながら、トルコやアラビア、ムガール帝国といったイスラムの影響を受けています。


アーンドラ料理

アーンドラ・プラデーシュ州のドラヴィダ系ヒンドゥー教徒であるテルグの料理は、米を主食に、スパイスをふんだんに使った辛い料理が特徴的です。


ケララ料理

ケララ料理はココナツをベースに新鮮なスパイスがふんだんに使われ、料理の種類も豊富。ミールスと呼ばれるバナナの葉の上に、主食のごはんと、いろいろなおかずを乗せて食べる定食がポピュラーです。


タミル料理

タミルの人々は、床にすわって、バナナの葉の上に乗せた料理を右手で混ぜながら食べるという伝統的な食事スタイルを、何世紀も前から守ってきました。


ナガランド料理

ナガランドは、昔ながらの独特の文化を守る少数民族の宝庫であり、キリスト教徒が人口の90%を占めるエキゾチックな州です。


トリプラ料理

北東インドのトリプラは、他のインド圏と異なりながら、ベンガル州の影響で魚、米をよく食べるノン・ベジ文化です。


アッサム料理

アッサムは、大まかには上部(北部)と下部(南部)に分かれ、上部は中国や東南アジア、下部はベンガルの影響を受けています。


シッキム料理

シッキムでは、インドとネパール、チベット、ブータンの文化と伝統がミックスし、食もこれらの伝統が組み合わさった独特なものになっています。


ビハール料理

ビハールの伝統料理には卵や魚、肉はなく、基本は菜食です。ただし、ガンジス川のほかにも河川が多いため、流域には魚料理を食べる人も。


オリッサ料理

オリッサの料理は、魚やカニ、エビといったベンガル湾でとれる魚介を使った、インドでは珍しく繊細なスパイスの味が特徴的です。


ベンガル料理

ベンガル料理の特徴は、お米(インディカ米)と魚介、レンズ豆、野菜をよく使うことです。


マディヤ・プラデーシュ料理

マディヤ・プラデーシュ州の料理はインドの中では特に有名ではありませんが、その広さゆえ地方色が豊かです。


ゴア料理

ゴアの料理は、主食は米で、土地で採れる新鮮な魚介やココナツ、スパイスをベースにしながら、ポルトガルの影響が見られます。


マハラシュートラ料理 (マラティ料理)

マハラシュートラの料理は、小麦粉の加工品と米、マイルドな味から辛い味、菜食料理、非菜食料理とも非常に多彩です。


グジャラート料理

グジャラート料理は、肉・魚・卵、根菜のたまねぎとにんにくは使えないなど食材が限られているにもかかわらず、料理数がバラエティ豊かで、おいしさはインド国内でも定評があります。


シンド料理


ウッタル・プラデーシュ料理

ウッタル・プラデーシュ州で食べられている料理の系統は、ムガール料理と、州都ラクナウのアワド料理の2つに大きく分けられます。


ラジャスタン料理

ラジャスタン州の大部分は乾燥地帯にあり、料理にも地域性が現れて、豆、穀物、ドライフルーツなど乾燥できる食材とヨーグルトがよく使われます。


カシミール料理

カシミール料理は、寒冷な土地柄を反映して辛い料理が多いのですが、ただ辛いだけではなく、肉やスパイスの旨みがきいた味わい深さ、薫り高さが特徴的です。


パンジャブ料理

パンジャブ料理は、その地でとれる良質の小麦とバターやクリームなどの乳製品、そしてスパイスをたっぷりと使った、菜食料理、非菜食料理を含めた多様な料理が特徴的です。


ムガール料理

中央アジアやペルシャの影響を受けたムガール料理は、現在もインドの中でもっとも豊かで、もっとも贅沢な料理として受け継がれています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

Translate

カスタム検索

国ごとの地方料理リスト

アーカイブ

  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム