e-food.jp » 世界のエスニックタウン > パリ~南インド人街
カスタム検索
世界のエスニックタウン

パリ南インド人街



パリ地図インド人街北駅の東側を走るFaubourg Saint-Denis通り沿いには、フランス語とタミル語の看板を掲げた、南インドの旧フランス領ポンディシェリーや、スリランカ人の街があります。現在のタミルナドゥ州・チェンナイ(マドラス)の近くにあるポンディシェリーは、1950年代にインドに返還されたものの、住民はフランス国籍を選ぶことができたため、今も人々の往来が。ここではぜひ、現地とフランスでしかおそらく食べられない、"ポンディシェリー料理"をぜひ!(笑)

ポンディシェリー
ポンディシェリー2
看板にポンディシェリーの文字がちらほら。これはフランスならでは。

タミル音楽
タミル文字
タミル音楽専門のCDショップ。   界隈の看板にはタミル文字が躍る。

ポンディシェリードーサ
ポンディシェリードーサ2
その名も"ポンディシェリー・ドーサ”。南インドのドーサは、通常、くるくるっと生地に具を巻くのだが、こちらは、クレープのように広げて具を美しく飾っている。この見た目の美しさ。まさに、インド料理とフランス料理のマリアージュだ(笑)。   こちらは別の店のポンディシェリー・ドーサ。具がずいぶん違うが、ドーサの生地を広げて、具を乗せるのが一致している。

カレー
デザート
こちらは、タミル風のマトンカレー。   ココナッツフレークをふりかけた、南インドのデザート。

ミールス
スナック
給食のようなトレイに乗った、南インドのランチセット。   これも南インド風スナック。

カフェ
食材店
カフェオレにチョコレートをトッピングした、ポンディシェリー・カフェ。これは普通、インドにはないだろう。   南インドの食材店もたくさんある。

サリー
インドメキシコ
こちらはサリー専門の洋品店。   あらら、"インド・メキシコ"と書いてある...。フュージョン料理?


  • RSS フェイスブック ツイッター
  • 国旗弁当
  • 日本の郷土料理食べ歩き
  • 世界のエスニックタウン
  • シルクロードの料理