e-food.jp » National Flag Bento » 国旗まるごと弁当&解説 » Africa » Uganda ウガンダ

Uganda ウガンダ


Main foods used for the flag  国旗に使用した主な料理・食材】
plantain banana, tomatoes, calamari blak-ink rice
プランテーンバナナ、トマト、イカ墨ごはん

Description of the Flag
The flag of Uganda was adopted on 9 October 1962, the date that Uganda became independent from the United Kingdom. It consists of six equal horizontal bands of black (top), yellow, red, black, yellow, and red (bottom); a white disc is superimposed at the centre and depicts the national symbol, a grey crowned crane, facing the hoist side. The three colours are representative of African peoples (black), Africa's sunshine (yellow), and African brotherhood (red being the colour of blood, through which all Africans are connected). The grey crowned crane is fabled for its gentle nature and was also the military badge of Ugandan soldiers during British rule. →details -wikipedia

国旗の解説
ウガンダの国旗はイギリスから独立した1962年10月9日に制定された。中央のホオジロカンムリヅル(Grey Crowned Crane)はウガンダの国鳥であり、ウガンダの歴代諸王朝がこの鳥を一度もシンボルとしたことがないことから、その中立性を買われたという。国旗の色は、黒が黒人を、黄はアフリカの夜明けを表す太陽の光、赤はアフリカ人の同胞愛や民族愛を象徴している。→詳細 (wikipedia)

author

※記事の文章・写真の著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。

←BACK NEXT→

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

Archives