e-food.jp » National Flag Bento » 国旗まるごと弁当&解説 » Oceania » Papua New Guinea パプアニューギニア

Papua New Guinea パプアニューギニア


Main foods used for the flag  国旗に使用した主な料理・食材】
pork BBQ, tomatoes, mango
豚肉のバーベキュー、トマト、マンゴー

Description of the Flag
The flag of Papua New Guinea was adopted on July 1, 1971. In the hoist, it depicts the Southern Cross; in the fly, a raggiana bird of paradise is silhouetted. The designer of the flag was 15-year-old schoolgirl Susan Huhume, who won a nationwide competition for a new flag design in 1971. Red and black have long been traditional colours of many Papua New Guinean tribes. Black-white-red was the colour of the German Empire's flag, which had colonised New Guinea prior to 1918. The bird of paradise is also found on the national coat-of-arms. →details -wikipedia

国旗の解説
赤地部分にはアカカザリフウチョウのシルエットが描かれ、黒地部分には南十字星が描かれている。赤と黒は長年パプアニューギニアの民族の伝統色であると同時に、赤・黒・黄の組み合わせはパプアニューギニアを1918年まで支配したドイツ帝国の旗の色である。このフウチョウはパプアニューギニアの国章にも描かれている。→詳細 (wikipedia)

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」


←BACK NEXT→

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

Archives