e-food.jp » National Flag Bento » 国旗まるごと弁当&解説 » Oceania » Marshall Islands マーシャル諸島

Marshall Islands マーシャル諸島


Main foods used for the flag  国旗に使用した主な料理・食材】
purple cabbage, cheese, mango
紫キャベツ、チーズ、マンゴー

Description of the Flag
The Marshall Islands were part of the Trust Territory of the Pacific Islands administered by the United States, from which the Marshall Islands and Micronesia split. In common with other island nations in the region, this flag features the symbolic representation of the islands' place within the ocean. The rising diagonal band represents the equator, the star above representing this Northern Hemisphere archipelago. The white and orange portions of the band represent, respectively, the Ratak Chain ("sunrise") and the Ralik Chain ("sunset"), as well as symbolizing peace and courage. The star's 24 points represent the number of electoral districts, while the four elongated points represent the principal cultural centers of Majuro, Jaluit, Wotje and Ebeye.→details -wikipedia

国旗の解説
マーシャル諸島の国旗は、1979年5月1日に制定された。国旗のデザインはマーシャル諸島の地理的位置を示している。白とオレンジ色の斜線は赤道を示すとともに、国が次第に発展していくことを表現している。青地は太平洋を示し、白の星は赤道から少し北に位置するマーシャル諸島を示している。また白とオレンジ色はマーシャル諸島の2つの島の列、ラタック列島とラリック列島を表すとともに、勇気と平和を象徴している。星の24本の光は、24の地区を表している。星の光のうち4本が長いことでキリスト教の十字架を示している。→詳細 (wikipedia)

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」


←BACK NEXT→

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

Archives