e-food.jp » National Flag Bento » 国旗まるごと弁当&解説 » Africa » Comoros コモロ

Comoros コモロ


Main foods used for the flag  国旗に使用した主な料理・食材】
green pea, purple cabbage, tomatoes, pumpkin
グリンピース、紫キャベツ、トマト、かぼちゃ

Description of the Flag
The current flag of the Union of the Comoros (officially French: Union des Comores Arabic: الاتّحاد القمريّ‎, al-Ittiḥādd al-Qamariyy) was designed in 2001 and officially adopted on 7 January 2002. It continues to display the crescent and four stars, which is a motiff that has been in use in slightly various forms since 1975 during the independence movement. In its constitution, the government of the Comoros refers to the insigne as L'emblème nationale, or the "national emblem", though it is understood to actually represent a flag.→details -wikipedia

国旗の解説
コモロの国旗(コモロのこっき)は、2001年12月23日に制定された。現在の国旗にも、緑地に白い三日月を描いた部分はあるが、左側の三角地の部分に限られている。旗には、4本の帯が付けられており、コモロの4つの島を意味している。黄色がムワリ島、白色がマオレ島(フランス領:コモロが領有を主張)、赤色がンズワニ島、青色がンジャジジャ島である。三日月の横の4つの星も同様に、4つの島を意味する。なお、三日月と緑地は、コモロの主要な宗教であるイスラム教のシンボルである。→詳細 (wikipedia)

author

※記事の文章・写真の著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。

←BACK NEXT→

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

Archives