e-food.jp » National Flag Bento » 木曜は国旗弁当の日! » 中央アメリカ&カリブ » バミューダ諸島|木曜は国旗弁当の日!

バミューダ諸島|木曜は国旗弁当の日!


bermuda

北大西洋に浮かぶイギリス領の諸島

オリンピックの開会式入場順に、毎週、国旗と郷土料理からその国の魅力を知っていく「木曜は国旗弁当の日!」、今週はカリブ海に近い北大西洋に浮かぶイギリス領「バミューダ諸島」の国旗弁当です。

バミューダ諸島といえば、海難事故が多発する「バミューダ・トライアングル」といわれるオカルトの世界で有名ですが、実際は伝説に尾ひれがついた眉唾な部分もあるよう。17世紀にイギリス人がバミューダ諸島に入植したのが、嵐で遭難したことがきっかけだったので、海の難所というイメージがついてしまったのかもしれません。

バミューダ諸島自体は温暖で豊かな土地であり、リゾート地として観光で潤ってきました。

イギリスとポルトガルの影響を受けた料理

バミューダは、イギリスのほか、同じ北大西洋上のアゾレス諸島、マデイラ諸島を領土とするポルトガルの影響も受けており、海の恵みやトロピカルフルーツなどの食材を使った料理が食べられてきました。

国民食ともいえるほどポピュラーなのは、「バミューダ・フィッシュ・チャウダー」と呼ばれるタラとトマトのチャウダー(トマト)や、近隣のバハマでも食べられているコンク貝のフリット(揚げ物)、ポーポーの実を使ったキャセロールなどです。タラやトマトはポルトガル人が伝えたものでしょう。

バミューダ名物の料理は、お弁当のおかずになりにくかったり、日本では手に入りにくい食材も多いのですが、コンク貝を巻貝で代用したフリットを使ってみました。

他には、バミューダのさつまいも(スウィートポテト)のキャセロールもおいしいので、機会があればデザートに作ってみてくださいね。

スウィートポテト・キャセロール・レシピbermuda

バミューダ国旗の解説


このエントリーをはてなブックマークに追加

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」
←BACK NEXT→

RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム



Archives