e-food.jp » National Flag Bento » 木曜は国旗弁当の日! » 中央アメリカ&カリブ » アルバ|木曜は国旗弁当の日!

アルバ|木曜は国旗弁当の日!


aruba

オランダの食材もポピュラー

オリンピックの開会式入場順に、毎週、国旗と郷土料理からその国の魅力を知っていく「木曜は国旗弁当の日!」、今週はカリブ海の西インド諸島の南端部、南米ベネズエラ沖にあるオランダ領の島「アルバ」の国旗弁当です。

アルバは日本ではあまりなじみのない島ですが、リキュールで有名な同じオランダ領のキュラソー島や、セント・マーティン島南部などと同様に、本国オランダをはじめとするヨーロッパやアメリカでは名の知れたリゾート地。ツアー旅行の広告もよく見かけます。

アルバの食文化は、カリブ特有のアフリカやオランダやスペインなどヨーロッパ、ネイティブ部族らの要素が混ざったクレオール風ですが、おもしろいのは、オランダ領だけにゴーダやエダムチーズといったオランダの食材がポピュラーなことです。

そして、かつて同じオランダ領だったインドネシアの名物料理「ナシゴレン」などがレストランのメニューにあったりして、料理に関してはかなりインターナショナルといえそう。

一方、土着の料理としては、新鮮なエビを使ったグリルやココナツフレークをまぶした揚げ物や、カジキマグロ(ツナ)、サメなどの料理があります。他にとうもろこしの粉のグリッツや、パンバティというアルバ・スタイルのパンケーキなども。調理法はどれも比較的シンプルです。

アルバ島では、魚介類やフルーツ以外の食材をほぼ輸入品に頼っていて物価は高めですが、本国の援助と観光で潤っているので、カリブの中では失業率の低いことで知られています。

シンプルなエビのグリルと、ゴーダチーズ

さて、お弁当ではシンプルにエビのグリルとツナ、ゴーダチーズをおかずに使いました。ゴーダを使ったヨーロッパ的なちょっと凝った郷土料理「ケシイェナ」も機会があればぜひお試しください。

ケシイェナ・レシピaruba

国旗の部分の背景のブルーは、たまごの白身と紫いものパウダーで作った炒りたまごです。国旗にはブルーがけっこう使われるので、便利な技ですね(笑)。

アルバ国旗の解説

アルバ料理について詳細

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでの料理人、料理講師として活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※記事の文章・写真の著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。

←BACK NEXT→

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

Archives