e-food.jp » National Flag Bento » 国旗まるごと弁当&解説 » Central America & Caribe » Antigua Barbuda アンティグア・バーブーダ

Antigua Barbuda アンティグア・バーブーダ


Main foods used for the flag  国旗に使用した主な料理・食材】
black rice, tomatoes, red onion, mango
ブラックライス、トマト、赤たまねぎ、マンゴー

Description of the Flag
The national flag of Antigua and Barbuda was adopted on February 27, 1967, and was designed by a nationally acclaimed artist and sculptor, Sir Reginald Samuel. The rising sun symbolises the dawning of a new era. The colours have different meanings, the black is for the African ancestry of the people, the blue for hope, the red for energy or dynamism of the people. The successive colouring of yellow, blue, and white (from the sun down) also stands for the sun, sea, and sand. The blue also represents the Caribbean Sea, and the V-shape is the symbol of victory.→details -wikipedia

国旗の解説
アンティグア・バーブーダの国旗(アンティグア・バーブーダのこっき)は、教師のレジナルド・サムエルズによって描かれ、1967年2月27日に採用された。太陽は新時代を象ったものである。配色にはそれぞれ違った意味を持っている。黒はアフリカに祖先を持つ人々、白はイギリス系の人々、青色は希望を、赤色は独立と力を意味する。また黄色、青色、白色は太陽、海、砂浜を意味する。→詳細 (wikipedia)

author

※記事の文章・写真の著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。

←BACK NEXT→

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

Archives