e-food.jp » National Flag Bento » 木曜は国旗弁当の日! » オセアニア » アメリカ領サモア|木曜は国旗弁当の日!

アメリカ領サモア|木曜は国旗弁当の日!


americansamoa

ハワイと共通した料理も

オリンピックの開会式入場順に、毎週、国旗と郷土料理からその国の魅力を知っていく「木曜は国旗弁当の日」!、今週は南太平洋にあるアメリカの自治領「アメリカ領サモア」です。ロンドン・オリンピックでは独立地域として出場しました。

サモア諸島は、1899年にドイツ帝国とアメリカ合衆国東西に分割したことから、サモア独立国(元西サモア)と、東サモアと呼ばれるアメリカ領サモアに分かれていますが、もともとの文化は一緒。アメリカ領になった東サモアは、同じく米国の領土になったハワイなどと交流があるため、現在は料理が幾分ハワイと似ていたり、アメリカナイズされているようです。

サモア人はコンビーフが大好物

そんなわけで、一時アメリカ領だった沖縄でポークランチョンミートの缶詰「スパム」が定着したように、米領サモアには、輸入品のコンビーフの缶詰が入ってきて、今ではサモア人の大好物になったという経緯があるとか。ですので、お弁当にもコンビーフをちゃんと使わせていただきました(笑)。

また、ハワイの名物魚で、米領サモアに伝わったマヒマヒのフライをおかずに加えてみました。マヒマヒは日本の家庭では手に入りにくいですから、白身魚で代用してみてください。

他には、パイナップルやケチャップ、クラッカーを使った、トロピカルな食材の中にアメリカ文化が見え隠れする「ポリネシアン・ミートローフ」も、アメリカ領サモアらしい料理。以下にレシピのリンクを掲載しておきますので、興味があればこちらもお弁当の具に加えてみてくださいね。

ポリネシアン・ミートローフ・レシピ

americansamoa

アメリカ領サモアの国旗の解説

アメリカ領サモア料理について詳細

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」


←BACK NEXT→

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

Archives