e-food.jp » タイ料理 » タイの食べものフォト集
カスタム検索

タイ国旗 タイの食べものフォト集

【バンコク、チェンマイ、チェンライ】

バンコクにて~洗練された高級ホテルの料理から屋台料理まで




バンコクのJWマリオット
ホテル内のレストラン「ホワイト・エレファント」。ランチビュッフェは1人280バーツ(900円弱)とお手頃。
これも左に同じ。デザートだけで20種以上と 種類も豊富。
左のランチビュッフェにて。料理の値段は手頃だが、 マンゴー・ジュースは140バーツと、ぼったくりのような価格だった!ちなみに、町の食堂では 20バーツくらいだ。 左に同じ。美しいデザートの数々。これはおいしかった。
バンコクの屋台のバーミー(タイラーメン)、20バーツ(約60円)。タイ庶民の味。場所によって値段に変動あり。 容器を洗う現場は見ない方が...。(^^;) 番外編。にせヤクルト。こ、これって健康飲料?紫色とか緑色とか、どぎつい 着色料のオンパレードである。 そういえば、ストローを差した ファンタジュースを神様にお供え してあるのも見かけた。 うーん、タイだ。 バンコクのワールドトレードセンターの中にあるフードコートで食べた タイ魚カレー。店の人の「辛いよ」という忠告を聞かず頼んだら、本当におそるべき辛さだった! タイの伝統舞踊を見ながら 食事ができるレストラン、 Rattanakosinのディナー・セット。パンダトラベルを通して予約 すると、ショー込みで360バーツ という安さ!店はこの値段にして 意外と高級っぽい。

チェンマイにて




チェンマイの郷土料理「カオソイ」。ココナツミルクとカレー味のラーメン。国境の近いミャンマー料理の「オノウェー カウスエ」に似ている。 これもチェンマイ。マンゴーともち米のココナツミルクがけ。デザートのようだが、主食として食べるらしい。ほどよい甘さでおいしい。 タイ式のソーセージ。タイ北部の名物だそうだ。中には肉と野菜が入っていた。見かけによらず、においはそれほど きつくない。
デザート。名前は不明(ブアローイかな?)。タピオカやゼリーが入ったココナツミルク味。 チェンマイのナイトバザールのフードコート。 気軽にいろいろな料理が食べられる。 これも左に同じ。
値段は15~35バーツ。

チェンライ (ゴールデン・トライアングル地区)にて
~ミャンマーやラオス、中国との国境に近い辺境地の料理



チェンライ、ナイトバザールに ある北部タイ料理のレストラン Ratanakosin の料理。 左は川魚のフライ、右はしいたけの料理。いわゆる日本のタイ料理店の料理とはちょっと違う。 左に同じ。いろいろなタイ式ソーセージの盛り合わせ。 白いソーセージなんていうものも。 雷おこしに似た揚げた米のデザート。 ぱりっとしていておいしい。 上にかかっているのはチョコレート。
メーサイの高級ホテルのバイキング。タイ洋折衷料理。これはおいしくなかった! メーホーソンの町の食堂で食べた 生しいたけと豚肉の炒めもの。 「ぶっかけ」ごはんスタイルなのが素朴で、かつおいしい。
宿泊先Tourist Innの食堂で
作ってもらったタイ風肉野菜焼きそば。青いこしょうの実が房のまま入っているのがすごい!おいしかった。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。レシピ、写真の商用利用は販売しております。

詳細→利用規約「レシピについて」


  • RSS フェイスブック ツイッター
  • 国旗弁当
  • 日本の郷土料理食べ歩き
  • 世界のエスニックタウン
  • シルクロードの料理