e-food.jp » » タイ料理» バンコク&チェンマイ タイ料理教室リポート
カスタム検索

タイ国旗 タイ料理レシピ

バンコク&チェンマイ タイ料理教室リポート
タイで通ったタイ料理教室のフォト・リポート。(3/31/00-4/4/2000)
※情報が古くなっている場合があります。

【バンコク編】






バンコクのランドマーク・ホテルの料理教室。先生はホテル内のレストランの厨房にも立っているRatさん。彼女の作る料理はとてもおいしい。違うメニューで、日曜以外 毎日2回開催。 料理で使用した、種類豊富なタイのハーブ。バジルだけで3種類あるそうだ。バイマックル(カフィアライムリーフ)やレモングラスも香りづけには欠かせない。 調味料の解説も。タイのソーヤソース(シンユー=醤油)にもいろいろな種類がある。ラベルの番号で濃さなどが分類されているそうだ。 薄口はスープに、濃口は炒め物に使うという。 終了後には、レッスン中に使用したエプロンと、スパイス数種をおみやげにくれる。エプロンには、「I 've been Learning Thai Cooking at the Landmark」と、でかでかと書いてあって、なかなか恥ずかしい(笑)。

【チェンマイ編】


チェンマイには、授業料の安い、外国人旅行者向けのタイ料理教室が立ち並ぶ。
飛び込みでも、教室に空きがあれば参加可能という気安さが、タイのいいところ。

「The Wok」(「なべ」の意味)という名のレストランの一角で、料理教室は行われる。テントを張った野外というのが、いかにも南国的だ。会場には当日の朝、直接集合する。
テントの中の教室。ガイドブックLonely Planetのタイ編に掲載されていて、参加者は欧米人ばかり。一種の観光コースとなっている。 参加者各自に、コンロや調理器具が用意されている。

タイ人の先生は、まるでツアーのガイドのように、冗談を交えながら、料理をレクチャーしていく。 講義は英語だが、料理に国境はない。英語が得意でなくても、勇気を出して、ゴー!

参加者とはテーブルを囲んで、すぐに友達になれる雰囲気。長期滞在して、じっくりとタイ料理を勉強して いる人も少なくないようだった。クラスでは、ベジタリアンの人々への配慮も。
野外のテーブルで、作った料理の試食会。この瞬間が、料理教室の一番の楽しみかもしれない。それに、野外で食べる料理は、いっそうおいしく感じられる。
チェンマイの市場。料理教室の始まる前に見学ツアーがあり、市場で売っている食材を説明してくれる。ココナツの搾取方法なども興味深かった。
野菜についても、ひとつひとつ、丁寧に解説してくれる。香草やしょうがは何種類も品種があったりと、タイ料理の絶妙なおいしさの秘密がわかったような気がした。
タイカレー用ペーストも、レッドやイエローやグリーンだけではない。市場では多種多彩なカレーペーストを量り売りで売られている。日本の味噌売り場を思い出した。

タイ料理に欠かせないとうがらし(プリッキーヌ)の売り場。これもまた、いろいろな種類がある。

タイでも主食はお米。香りのよしあし、米の形態によって値段が違う。

レッスンに参加すると、タイ料理のカラー版レシピ・ブックがもらえる。これで日本に帰ってもばっちりタイ料理が作れる?
 

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」


  • RSS フェイスブック ツイッター
  • 国旗弁当
  • 日本の郷土料理食べ歩き
  • 世界のエスニックタウン
  • シルクロードの料理