e-food.jp » ハイライト > チュニジアの台所
カスタム検索

チュニジア国旗 チュニジアの台所 (2000/5/5-5/8)
Tunisian Kitchen

私にとって初めてのイスラム圏、初めてのアフリカでした。
見るもの聞くものが新鮮、そして独自の食文化にぞっこん。
フォトと併せて、旅行中に接したチュニジアの食べ物をご紹介します。(by ゆ)

(※情報が古くなっている場合があります)

チュニスの中央市場にて at the Central Marche


手前は「ホブス・タブーナ」と呼ばれる
チュニジアの伝統的なパン。牛乳も砂糖も
バターも一切使っていない。堅いが素朴な味わい。


鮮やかな色彩の野菜。にんじん、かぶ、
トマトなど日本でもおなじみの野菜も。



チーズ屋さん。旧フランス領の
チュニジアでは、ヨーロッパ風のチーズも
売られている。ちなみに
チュニジアではワインの生産も盛ん。



かごいっぱいのエスカルゴ。
これも旧フランス領の名残り?
もちろん生きていて、脱走をこころ
みるかたつむり君もいる。


ちょっとわかりにくいが、鮮魚売り場。
威勢の いいおにいさんの呼び声は
日本といっしょ。
日本ではみかけない魚も。


ハーブ&スパイス屋。サフランが200g位で
1500ディナール(日本円で150円弱)で
売られていた!チュニジアは物価が安いのだ。
メディナ(旧市街)にて  at Medina


古都ケロアンの名物お菓子
「マクルード」を売るお店。
ナツメヤシのペーストを蜂蜜のしみこんだ
生地でくるんだもの。かなり甘い。
これも1キロ0.450ディナール(45円弱)と、
非常に安い。


豆類や乾物を売るお店。ひよこ豆、
レンズ豆、アーモンドなどのほか、
日本ではみかけない豆も。
お米もいっしょに売っていた。
町のレストランにて  at diners



チュニジアン・サラダ。オリーブオイルと
塩であえたきゅうり、トマト、オリーブ、
たまねぎの上にツナを乗せた
シンプルなサラダ。
フランスパンとよく合う。



ブリック。たまごやツナを
春巻きのような皮でくるんで
油で揚げた料理。
日本のアフリカ料理店では
「アフリカ餃子」
と呼ばれることも。



別な店のチュニジアン・サラダ。
ツナを乗せると、
何でもチュニジア風になる?


チュニジア風パエリア?
ねばり気の多い炊きこみごはん。
外国人客向けに作ったものかも。



おなじみのクスクス。トマトソースで
味をつけたクスクスの上に、これもトマト味の
ラムやじゃがいも、ズッキーニが乗っている。
豪快な一品。
クスクスとソースが分かれている
モロッコのクスクスとちょっと違う。



「本日の魚料理」とあった。骨っぽい
白身の小魚を焼いたもの。名前は不明。


右は、「ハリッサ」と呼ばれる
乾燥とうがらしから作った、チュニジアの
辛い調味料。パンにつけたりして使う。



「シュクシャカ」という、ピリ辛トマトソースと
ズッキーニなどの野菜の卵とじ。
体によさそうな一品。


「ハリコット」という名前の、チキンと豆の
トマト煮込み。辛くなく、くせのない味。


滞在中、ごひいきにしていたチュニジア
料理レストラン「ネプチューン」。手頃な値段。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」


  • RSS フェイスブック ツイッター
  • 国旗弁当
  • 日本の郷土料理食べ歩き
  • 世界のエスニックタウン
  • シルクロードの料理