2011年06月13日

【閉店】アノ・プロシーム|チェコ料理|広尾

ano_bran.jpg

※閉店しました。

東欧チェコ料理の専門店が移転

【広尾】表参道にあったチェコ料理店「カフェアノ」が広尾に移転し、店名も「アノ・プロシーム(プロシィーム)」と変わって、装いも新たに2011年6月7日オープンしました。チェコ人シェフは以前のお店と同じ方とのことです。

上写真はチェコの家庭料理の定番ブランボラーク(マジョラム&にんにく風味のチェコのじゃがいもパンケーキ)1400円。具は日替わり。チェコ名物のおいしいピルスナー・ビールなどとよく合います。

ano_beer.jpg
ano_sausage.jpg

左写真はチェコの生ビール750円。といっても輸入品でなく、チェコのビール醸造技術により日本の石川県・能登で作っているそうだ。右写真は前菜のチェコソーセージ&ザワークラウト。

ano_zensai.jpg
ano_pork.jpg

左写真はトピンカ(Topinka=トースト)のグリル野菜のトマト煮込みとチーズ乗せ900円。メニューには"悪魔風"と記されている...。右写真はメインのチェコ風ローストポークのクネードリキ(チェコの小麦粉ダンプリング)添え1600円。チェコは世界一のビール消費国なのだそうだが、料理の方も塩味がしっかりしていて、どれもビールによく合う。なおメニューには、ビールのほかチェコワインもあった。これは次回にトライしたいと思っている。

ano_shophiroo.jpg

以前の店舗よりこじんまりとして、あやつり人形など飾られた開放感のあるウッディなフロアがかわいらしく、何とも女性好み。駅から近いのもうれしい限りです(場所は、外苑西通り沿いを港区側に歩き、割と大きなチェコ国旗を目印に)。

ランチでもチェコ料理がお手ごろ価格でいただけ、チェコのケーキ類のメニューもあったようですので、また改めてうかがってみたいと思っています。

※参照→チェコ料理について
 →東京のチェコ料理レストラン・リスト



大きな地図で見る

アノ・プロシーム
東京都港区南麻布5-15-25 2F
http://anoprosim.jp/


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内