2010年07月07日

家庭で楽しむモロッコ料理

moroccobook.jpg

タジン、クスクスのレシピが満載

東北沢にあるモロッコ料理店「エンリケ・マルエコス」の女性店主、小川歩美さんの著作により5月に出版されたレシピ本「家庭で楽しむモロッコ料理」(河出書房新社)がなかなか好評のようです。

昨年あたりからのタジン鍋ブームで、タジン鍋を使ったさまざまなレシピ本が発行されていますが、こちらは、タジン鍋がブームになる前からタジン料理に魅せられ、「タジンを追求したい」という思いでモロッコに住み、テレビで見かけた地元の有名料理研究家シュミシャさんのもとで修業を積んだ小川さんによる、本物志向のレシピブックです。

他の本では別にタジン鍋でなくてもできるような料理が多くてあまり興味がなかったのですが、こちらの本では、レモンチキンのタジン、いわしのタジン、牛肉となすのタジンなどなど、まさにタジン鍋があってのモロッコ料理のレシピが満載で、うれしい限り。

タジン以外にもクスクス、蒸し物、揚げ物、スープ、サラダ、そしてビスケットのような「アーモンドとレーズンのフッカス」のようなデザート...とおいしそうなモロッコ料理レシピがぎっしり詰まっていて、写真を見ているだけでワクワクしてしまいます。

ただし本物志向の分、作り方やスパイスが凝っていて、日本の家庭では一般向けでない部分もあります。自分でレシピをアレンジして実用的にできるような中?上級者以上向けかもしれません。

さて、カウンター席だけの小さなお店「エンリケ・マルエコス」には先日うかがい、小川さんのモロッコへの愛情とおもてなし心あふれたメニューを楽しませていただいたのですが、このおいしい料理が家庭でも再現できるなんて...(もちろん、お店で食べる味には及ぶはずはないのですが)。密閉して食材を蒸すことで栄養を逃しにくいといわれるタジン鍋をもっと活用するのに、おすすめの一冊です。

さて、河出書房新社さんでは「家庭で作れる」レシピ・シリーズとして、これまでもトルコ、ロシア、ペルシャ料理のレシピ本を出版しています。どの本も、その国の料理にこだわりを持ったスペシャリストが著者であり、今後、どんな国の料理本が出版されるのかなぁ、と楽しみですね。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内