2010年06月02日

ポルトガル弁当 Portugal Bento

bento_portugal.jpg

シーフードをたっぷりと

ポルトガルのお弁当。ポルトガルは、天ぷらに代表されるように、日本の食文化に影響を与えた国です。そして、海洋国だけに魚介料理を好むところも日本と共通しています。というわけで、シーフードたっぷりのお弁当を作ってみました。

ポルトガル国旗の意味は、緑は希望を、赤は共和国成立の革命を表すという説があります。また、左中央のエンブレムの下に配された黄色い球状は、ポルトガルがもっとも栄華を誇った大航海時代の航海用具・天測儀を表しているのだそうです。


【ポルトガル弁当】レシピ (グループG)

■材料

<ポルトガル・スタイルのシーフード雑炊>
Arroz de Marisco

・ごはん 茶碗1.5杯
・トマトソース
 (トマト缶1缶を、にんにくで炒めたオリーブオイル、塩を入れて煮詰めたものでもよい) 200g
・固形ブイヨン 1個 (200mlのお湯で溶いておく)
・シーフードミックス (えび、いか、あさり等。タコを入れてもよい)
・たまねぎ 中半個 (みじん切り)
・にんにく 1かけ (みじん切り)
・コリアンダーの葉 少々(細かく刻む。コリアンダーが苦手な方はイタリアンパセリを)
・チリソース またはタバスコ 少々
・塩 適量
・オリーブオイル

<作り方>

1.鍋にオリーブオイルを入れてたまねぎとにんにくを透き通るまで炒め、さらにシーフードミックスを加えて軽く炒める。

2.1にブイヨンを溶いたお湯、さらにトマトソース、チリソース、塩を加えて混ぜ、10-15分ほど煮込む。

3.2にごはんを加え、5分ほど煮込み、コリアンダーの葉をちらしてできあがり。

<トッピング>
・ほうれん草 (塩ゆでする)+コリアンダーの葉(生葉。お好みで)
・トマトの皮 (国章に使う)
・レモンの輪切り (国章周辺の飾り=航海用具・天測儀に)
・白チーズ(ピザ用の細切り)、またはマヨネーズ

<お弁当箱への詰め方>
・シーフード雑炊をお弁当箱に詰め、ポルトガルの国旗デザインに沿って、その上の左側に塩ゆでしたほうれん草を、さらに左寄り中央に国章を飾ってできあがり。


portugal_iwashican.jpg

TIPS&ひとこと

※ちょっと歯ごたえのあるおかずに、ポルトガル産のいわしのトマト煮の缶詰(左写真)を添えてみました。缶から出してフライパンで軽く焼くだけです。骨まで食べられます。もちろん日本製のいわしの缶詰を、トマトソースをからめてもOK(日本産(千葉県銚子産)の方が、ポルトガル産のおよそ半分の価格と経済的です。肉厚はほぼ一緒でした)。

※シーフード雑炊は、本来はお米を鍋で炒めるところから始めるのですが、日本では炊いたごはんを常備しているご家庭が多いと考え、鍋料理の残りのスープをおいしくいただく感覚で作り方をアレンジしました。本来は少しかためのごはんでいただきます。また、ご自宅で作るときは、ムール貝や有頭エビを加えると見栄えがぐっとよくなりますよ。

参照
ポルトガル料理について


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内