2010年06月03日

チリ弁当 Chile Bento

bento_chile.jpg

とうもろこし&シーフードで

ラストは、南米チリのお弁当です。牛肉ひき肉などの具の上にクリーム状のとうもろこしをかけてオーブンで焼いたチリの名物料理パステル・デ・チョクロ Pastel de Chocloにトッピングをして表現してみました。

付け合せはチリ・スタイルのソパ・デ・マリスコス Sopa de Mariscos (魚介のスープ)。チリは、南米大陸の西側の海岸線に沿った国土を持つ、とても細長い国です。海に面した土地が多いため、日本と同じように魚介料理がポピュラー。チリの首都サンチャゴには、東京の築地市場のような大きな魚市場があるくらいです(日本人観光客は必ずといっていいほどそこを訪れて、日本に比べて破格の安さのウニをその場で食べる人も多いとか。私も現地の市場で「ウニ」と言ったら通じてしまいました(笑)。

さて、チリ国旗の意味は、wikipediaによると、「白い五角形の星は、進歩と名誉を意味する。青は空を意味し、白はアンデス山脈の雪を、赤は独立のために流された血を意味する」とのことです。


【チリ弁当】レシピ (グループH)

■材料

<パステル・デ・チョクロ>
Pastel de Choclo

・牛ひき肉 300g
・たまねぎ 中1個(みじん切り)
・にんにく 1個 (みじん切り)
・クリーム状のとうもろこし(缶詰)
・ゆでたまご 1個 (横にスライスする)
・黒オリーブの実 4個 (2つにカット)
・レーズン 大さじ1
・クミン 小さじ1
・パプリカ粉 小さじ1
・オレガノ 小さじ1
・とうもろこしの粉(または小麦粉) 大さじ1
・塩・黒コショウ 適量
・オリーブオイル 適量

・食パン(薄切り)1枚 (本来は使わないが、お弁当の主食用に使用)

<作り方>

1.フライパンでたまねぎとにんにくを透き通るまで炒め、牛ひき肉を加えてさらに炒める。

2.1にクミン、パプリカ粉、オレガノ、塩、コショウを加えてさらに炒めておく。

3.お弁当箱の大きさに合わせてカットしたアルミホイルの箱の底にまず食パンをひき、その上に2を乗せる。

4.3の上にレーズン、スライスしたゆでたまご、黒オリーブの実をちりばめる。

5.4の上に、クリーム状のとうもろこしととうもろこしの粉を混ぜたものををかける。

6.5を180度のオーブンで30分程焼いてできあがり。

<トッピング>
・白チーズ
・トマト 1個 (スライスする)
・黒オリーブの実 (スライスする)

<お弁当箱への詰め方>
・パステル・デ・チョクロをアルミホイルの箱ごとお弁当箱に戻し、チリ国旗のデザインの通りにトッピングをする。


<チリ・スタイルのソパ・デ・マリスコス>
Sopa de Mariscos a la Chile

・たまねぎ半個 (みじん切り)
・にんにく 1かけ (みじん切り)
・白身魚 (タラなど) 1?半切れ(食べやすい大きさに切る)
・えび、貝類など (お好きなシーフードを) 適量
・牛乳 50ml
・水 200ml程度
・食パン(耳を取ったもの)1枚
・オレガノ 小さじ1/2程度 (お好みで加減する)
・オリーブオイル 適量
・塩、黒こしょう 適量
・パセリの葉 (みじん切り) 適量

<作り方>

1.鍋にオリーブオイルをしき、たまねぎとにんにくを透き通るまで炒める。

2.1に白身魚と他のシーフードを加え、ざっと炒める。

3.食パンを牛乳に浸し、それを2に加える。また水も加えてかき混ぜて、熱する。

4.3にオレガノ、塩、黒こしょうを加えて味を調える。

5.4をスープ皿(お弁当の場合はスープ用の携帯容器)に入れ、パセリの葉を散らしてできあがり。


TIPS&ひとこと

※ソパ・デ・マリスコスはもちろん国旗弁当には必須ではありませんので、お好みでどうぞ。比較的簡単に作れておいしいスープなので、おすすめですよ。オレガノ風味がミソです。

参照
チリ料理について


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内