2010年05月02日

ドイツ弁当 Germany Bento

bento_germany.jpg

「3色シュペッツェレ」で表現

ドイツ国旗のお弁当です。南ドイツの郷土料理シュペッツェレ Spetzeleを3色に彩り、ハムのようなドイツのソーセージ、ヤクトヴルスト(ポークソーセージの生地に刻んだ赤身肉をちりばめたソーセージ)をおかずに添えてみました。

ドイツ国旗の意味は、1813年のナポレオン戦争時のルートヴィヒ・アドルフ・ヴィルヘルム・リュッツオウが率いる義勇軍の軍服、もしくは神聖ローマ帝国の紋章に由来するといわれます。色に関しては、黒は勤勉、赤は情熱、金は名誉を表すとも。


【ドイツ弁当】レシピ (グループD)

■材料

<3色シュペッツェレ>
Spaetzle
・小麦粉(薄力粉)250g
・卵4個
・ナツメグ 少々
・塩、コショウ 少々

・チェダーチーズ(金の部分)
・トマトソース(赤の部分)
・イカスミ(黒の部分)

※事前にお弁当箱の形に合わせてアルミホイルを敷き、容器を作る。

1.大きな鍋にお湯をわかし沸騰させておく。
2.ボウルに小麦粉、溶いた卵、ナツメグ、塩、コショウを入れ、よく混ぜ、こねる。
3.2をまな板の端に移動し、ヘラなどでマカロニ風な形に切りながら1のお湯の中でゆでていく。
4.鍋に沈んでいた麺が浮き上がってきたら、すくって水気をさっと切る。
5.すくい上げた麺を3つに分け、それぞれチェダーチーズ、トマトソース、イカスミを和える(イカスミは乾くと麺が固くなるので、オリーブオイルを少し一緒に混ぜるとよいと思います)。

6.アルミホイルの容器に5をドイツの国旗の通りに並べ、200度のオーブンで3分ほど焼いて、できあがり。

TIPS&ひとこと

※シュペッツェレは本来、チーズをかけて食べるのがポピュラーなのですが、ドイツ国旗を作るため、パスタ風にアレンジしました。シュペッツェレだけでは単調なので、ドイツハムのおかずを。おかずはもちろん、何でも構いません。

※イカスミそのものがないときは、市販のイカスミパスタソースでもOKです。

参照
ドイツ料理について


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内