2010年05月10日

オーストラリア弁当 Australia Bento

bento_australia.jpg

オージービーフをてんこ盛り

お次はオーストラリア。アメリカなどもそうですが、新大陸にある国を、その国らしい料理をお弁当に表現するのはなかなか難しい...。というわけで、今回はストレートにいきました(笑)。その名も、オージービーフてんこ盛り弁当です。

新大陸のアメリカも、オーストラリアも、アルゼンチンも、南アフリカも、調理した料理はもちろんあるけれど、基本的にバーベキューが大好きな国々ですからね。

さて、オーストラリアの国旗は、wikipediaによると、「ブルー・エンサイン」を基にしたもので、左上にユニオンフラッグを配し、五つの星からなる南十字星と、6州1準州を表す七角星を描いている、のだそうです。


【オーストラリア弁当】レシピ (グループD)

■材料

・牛肉(こま切れ)100g
・たまねぎ 半分 スライス
・生マッシュルーム 2個 スライス
・油
・しょうゆ
・ごはん

1.フライパンに油をしき、たまねぎを透き通るまで炒める。
2.1にマッシュルームを加える。
3.2に牛肉を加え、混ぜ合わせる。
4.3をしょうゆで味付けてできあがり。

※その後、お弁当にごはんを詰め、その上に牛肉を乗せる。

トッピング1(ユニオンジャックの部分)
トマト、白チーズ(今回はゴーダチーズを使用)

トッピング2(南十字星の部分)
マヨネーズ

TIPS&ひとこと

※レシピとして書くほどでもないような、日本の牛丼風の簡単なお弁当でした(その割には難産だったのですが...)。ベジマイトのソースとか(笑)、バルサミコベース等いろいろ案をめぐらしたのだけれど、結局、牛肉にはしょうゆが一番おいしいと認識。本国の「昔ながらのオーストラリアのレシピ」というサイトでも、牛肉料理のレシピで味付けにしょうゆが単独で使われていたのに励まされて?、決定にいたりました。私自身も、オーストラリアで食べたしょうゆベースのステーキが印象に残っていました。オーストラリアには香港からの移民が多いせいか、調味料としてしょうゆ(正確には中国しょうゆ)がポピュラーなのです。

※本来のレシピでは、たまねぎとマッシュルームのほか、セロリやピーマン、グリーンピースを加えるのですが、今回は色合い優先のため省略しました。

※牛肉はもちろん、オージービーフでなくてもOKです。

参照
オーストラリア料理について


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内