2010年04月19日

アルゼンチン弁当 Argentine Bento

bento_argentine.jpg

エンパナーダで国旗を表現

アルゼンチンの国旗弁当...。いやぁ、ウルグアイ以上に難産でした(笑)。やっと考えて作ったのが、アルゼンチンをはじめ南米全域でポピュラーなスナックのエンパナーダ Empanadaを使ったお弁当です。

アルゼンチンは、隣国ウルグアイと同じようにイタリアやスペインからの移民が多い国。哀愁のタンゴの国、そしてイタリアのジェノバからアルゼンチンに渡った「母をたずねて三千里」のマルコ少年を思い出しますね。

国旗の意味として、古代インディオ=インカ帝国の独立の象徴である太陽神インティを表すという中央の太陽は、独立を獲得したスペイン軍との5月革命にちなんで、「五月の太陽」と呼ばれているそうです。

エンパナーダは、パンで包むという意味で、中東から、かつてイスラム王朝(ウマイヤ朝)に支配されていたスペイン経由で南米に伝わったものだと思われます。アルゼンチンのエンパナーダの特徴は、味付けにクミンとパプリカを使うこと。そして干しぶどう、オリーブの実を(本来は具として)入れることです。


【アルゼンチン弁当】レシピ (グループB)

<エンパナーダ> Empanada

■材料&作り方

・小麦粉 250g (ふるう)
・塩 小さじ半
・水 1カップ程度
・バター 100g (室温でやわらかくしておく)

1.ボウルの中に小麦粉、塩を入れ、バターを混ぜ込む。

2.1に水を少しずつ加え、耳たぶ程度のやわらかさになるまでこねる。

3.2を綿棒で延ばし、3?4mmの厚さにする。

4.3をお弁当箱の形に合わせて2枚分、型抜きしておく。....A


・オリーブオイル 適量
・牛ひき肉 100g
・たまねぎ 中半個(みじん切り)
・にんじん 中1/4個(みじん切り)
・トマト 中1/2個(みじん切り)
・干しぶどう 小さじ1
・塩 適量
・クミン 小さじ1
・パプリカ 小さじ1
・とうがらし粉 小さじ1(お好みで)

5.フライパンにオリーブオイルをしき、たまねぎを火が通るまで炒める。

6.5にひき肉を加え、肉の色が変わるまでさらに炒める。

7.6に野菜、塩、スパイス類を加えてよく混ぜる。

8.7に干しぶどうを加え、混ぜておく。....B

トッピングなど
・うずらの卵 2個 (黄身を使用。1個はそのまま、もう1個は溶いておく)
・黒オリーブの実(みじん切り)もしくは、焼いたなす(みじん切り)
・黒こしょう

9.Aの皮の片方の中央にBを乗せ、Aの縁に溶いたうずらの卵の黄身を塗る。

10.9の上に、もうひとつのAの皮をかぶせ、上下はフォークを使って模様をつけながら、また左右は押さえながら閉じる。

11.10の表面をに、溶いたうずらの卵の残りを塗る(はけやキッチンペーパーを使って)。

12.11の中央を少しくぼませ、うずらの卵の黄身まるごとを乗せる(中央の太陽を表現)。

13.11を180度のオーブンで30分程度焼く(表面がほんのり焼けるまで)。

■お弁当への詰め方

13の焼いたエンパナーダをお弁当箱に戻し、アルゼンチン国旗にならって、黒オリーブのみじん切りで上下を飾り、中央の太陽の部分に同じく黒オリーブのみじん切りで顔を作り、さらに黄身の周辺に黒こしょう少々で縁を飾って、できあがり。

argentine_empanada1.jpg
empanada2.jpg

エンパナーダの断面と、本来のエンパナーダの形。


TIPS&ひとこと

※皮づくりが面倒、という方は、食感が違いますが、春巻きの皮2枚重ねで代用してみてください。

※また栄養過多にはなりますが、皮に小麦粉のほかショートニングや卵を加えると、より食感がよくなると思います。

※できあがったエンパナーダはそのまま食べてもいいですし、ケチャップなどつけてもおいしいですよ。

※アルゼンチン国旗の拡大図は以下の通りです。

argentine_flag.jpg

参照
アルゼンチン料理について


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内