2010年01月19日

「モスク・東京ジャーミイ」を訪ねる会」リポート

jami.jpg

イスラムの食習慣について講義

東京アラウンドザワールド・プロジェクト(TAP)の一環で1月16日、渋谷区の代々木上原にある日本最大のトルコ系モスク(イスラーム寺院)「東京ジャーミイ」を訪ねる会を開催。冷たい北風の吹く晴れわたった寒空のもとではありましたが、22名のご参加者を賜り、無事、催行することができました。

当日は、日本語が堪能なモスク職員のフセインさんのガイドとともに、礼拝前の誰もいないモスク内をじっくりと見学。ロシア革命で亡命してきたカザン系トルコ人たちが1938年に造ったというこのモスクの由来、イスラーム教の基本、そしてイスラームの食習慣についてレクチャーしていていただきました。16世紀の全盛期のオスマントルコ様式により2000年に再建された豪華で壮麗なモスク。建物の中は、まるで夢の中にいるような美しさでした。また、建材すべてをトルコから運んだというだけあり、建物内では日本にいることを忘れてしまうくらいです。

jami_talk.jpg
jami_photo.jpg

モスク内では女性は頭にスカーフを着衣。モスク内のあまりの美しさに、参加者のみなさんも写真撮影にも熱が入っていた。


イスラームの食習慣というと、豚肉を食べてはいけない、ということがすぐ思い浮かびますが、虫や蛇といった見た目が忌み嫌われるようなものも食べてはいけないのを初めて知りました。ただし各地にローカルルールがあり、たとえばトルコではウナギはポピュラーな食べ物ではなく、姿が蛇に似ているけれど、日本では食べてもよいとされていてるそう。在日トルコ人はそのウナギを喜んで食べているというお話は愉快でした。

jami_room.jpg
jami_baklava.jpg

左写真はオスマントルコ時代のトルコ家庭の一室を再現したもの。タイルが美しい。右写真はトルコのポピュラーなお菓子バクラヴァ。箱入りよりも自家製が断然おいしい。


見学後は、新宿のトルコ料理レストラン「ウスキュダル」(西口店)さんに作っていただいたトルコのお菓子バクラヴァと、モスク提供のチャイをいただきました。またカフェ・バグダッドさん制作の「下北沢アラブ街マップ」(下写真)を配布。参加者の方はモスク見学の終了後、三々五々に近隣のアラブ系レストランなどを訪ねて、余韻を楽しんでおられました。

jami_arabmap.jpg


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内