2009年08月17日

ガスパチョ レシピ|スペイン料理

gaspacho_0.jpg

スペイン・アンダルシアの名物料理

暑い気候のスペイン・アンダルシアの夏の風物詩として知られる野菜の冷製スープ、ガスパチョを作ってみました。さっぱりとしておいしく、ビタミン補給にもぴったり。作り方はとっても簡単です。

【材料】(8人分)

トマト 中3個くらい (なるべく赤色の濃いもの。今回は小8個を使用)
トマト缶 1缶(生トマトの赤色が薄い場合はトマト缶の量を増やして調整する)
きゅうり 1本(1/3はトッピングの飾り用にみじん切りにして別に取っておく)
赤ピーマン(もしくは赤パプリカ、青ピーマン) 2個
たまねぎ(中) 半分
にんにく 1かけ
食パン 1枚の半分、または同量のフランスパン(耳を取っておく)

オリーブオイル 大さじ4
ワインビネガー(あれば赤ワインが望ましい) 大さじ4
塩 適量 (最初は小さじ1くらいで、あとで好みの塩加減に調整する)

※フードプロセッサーまたはミキサー
 ざる
 盛り付け用のグラスなどの食器
 (レストランのように、あらかじめ食器を冷蔵庫で冷やしておくと、より涼しげな感じに)

gaspacho_zairyo.jpg
gaspacho2.jpg

【作り方】

1.野菜類、パンをフードプロセッサー(またはミキサー)にかけやすい適当な大きさに切り、オリーブオイル、ワインビネガー、塩を入れたボウルの中に入れてざっくりと全体を混ぜ、冷蔵庫に3時間?ひと晩ほど置いて味をなじませる。

2.1をフードプロセッサー(またはミキサー)に1分以上かけて、ジュース状にする。

3.2をざるで漉してトマトのタネなどを取り除き、なめらかにする。味見して、必要であれば塩・冷水を加えて、味やなめらかさを調整する。

4.3を冷やしたグラスなどの食器に注ぎ、みじん切りにしたきゅうり(クルトンなどでもよい)をトッピングして出来上がり。


郷土料理の例にもれず、ガスパチョにも家庭ごと、お店ごとにさまざまなレシピがあるそうです。個人的には、トマトや赤ピーマンを使って赤い色を濃くした方がおいしそうに見えると思います。また、夏はトマトとビネガーで酸味を多めにした方が、暑さでばてた体にもよさそうですよ。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでの料理人、料理講師として活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)

※記事の文章・写真の著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。



このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内