2009年07月23日

ラクダのミルク入りチョコ、日本でも発売?

alnasuma.jpg

ドバイ発のチョコレート

昨年ドバイで発売された、世界で初めてというキャメルミルク(ラクダのミルク)入りチョコレート「アル・ナスマ(Al Nassma)」が、中東諸国、欧米とともに日本進出を計画しているそうです。以下ロイターの記事より。


[ドバイ 21日 ロイター]ラクダの乳を使用したチョコレートを世界で初めて作ったドバイのアル・ナスマが21日、中東諸国や欧州、米国、日本への進出を計画していることを明らかにした。

同社のマーティン・バン・アルムジック氏によると、まずサウジアラビアで販売し、数カ月以内にバーレーンやカタール、クウェート、米国の市場にも進出する計画。英老舗百貨店「ハロッズ」や、サンフランシスコのチョコレート専門店とも販売の交渉を進めており、チョコ需要の高い日本に出店することも模索中だという。

詳しくは「ドバイ発ラクダのミルク入りチョコ、日本進出も視野」世界のこぼれ話 ロイター


ラクダのミルクは、砂漠の民ベドウィンたちにとって昔からポピュラーな食材で、ドバイではスーパーでも買えるほど普及しているそうです。牛乳よりも塩気が強く、ビタミン、ミネラル分などの栄養素も豊富なのだそう。

「アル・ナスマ」のチョコレートはミルク100%のほか、アラビックスパイス、デーツ、マカダミアナッツ&オレンジなどエキゾチックなフレーバーがそろっているそうですが、現地では日本円にして1枚600-1000円近くと、品質・お値段ともにドバイらしく高級志向のようです(製造会社は「中東の"ゴディバ"になる」と息巻いているとか...)。

普通のチョコレートよりも濃厚で甘い(ここにもアラブ人の嗜好が反映されている?)とのことで、来年のバレンタインデーまでには(笑)ぜひテイスティングしてみたいものですね。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内