2009年07月21日

【閉店】アスンシオン|鉄板焼き&パラグアイ料理|平和島

asun_meat.JPG

家庭的な南米・パラグアイ料理の店

※残念ながら閉店しました。

【平和島】京浜急行の平和島駅から徒歩5分ほど、旧東海道沿いに2002年にオープンした鉄板焼きとパラグアイ料理のお店。

日本人オーナーの奥様が在日30年近いパラグアイ人とのことで、焼肉やイカのガーリック焼きといった日本の一般的な鉄板焼きのメニューとともにパラグアイ料理がいただけます。

上写真はパラグアイ風の豪快な焼肉、アサド・デ・チャンチョです。

asun_empanada.JPG
asun_empanada2.JPG

南米全域でよく食べられている揚げたパイのようなエンパナーダ。右写真はその中身。

asun_sopa.JPG
asun_kyasaba.JPG

パラグアイ名物のソパ・パラグアージャ(もともととうもろこしのスープを作るつもりが、なぜかケーキになってしまったという料理)と、キャッサバ。

asun_papa.JPG
asun_soup.JPG

鉄板焼き店にふさわしい?パラグアイ風のじゃがいも入りお好み焼き、トルティリャ・デ・パパと、トマトベースのスープ。前者はお店の奥様直々に焼いてくださる。

asun_bread.JPG
asun_wine.JPG

パラグアイのパンと、非売品の珍しいパラグアイ・ワイン。

asun_flag.JPG
asun_kanban.JPG

店内にはパラグアイの国旗が飾られている。入口ののれんにも"パラグアイ料理"の名が。同じく旦那様が日本人、奥様がコスタリカ人の蒲田のお店「二葉」を思い出させる...。


以前、日本橋にあったパラグアイ料理店「マリポーサ」がなくなってしまってから、こちらが今のところ(屋台やテイクアウト店を除いて)日本で唯一のパラグアイ料理の店かもしれません。ただ、パラグアイ料理の通常メニューはあまり多くないので、メニューにない料理を含めてパラグアイ料理を堪能したい場合は、1人2000円、3000円といった風に事前に予算を告げるなど、数日前から予約時にお願いしておいた方がよさそうです。

私も、家庭的なおいしいパラグアイ料理を存分に楽しませていただきました。


アスンシオン
東京都大田区大森本町2-1-6



大きな地図で見る


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

パラグアイ料理、おいしそうですね!
私の家から少し遠いので今年の東京外国語大学の学園祭ぐらいでやってもらえると近くていいのですが…。食のためには行動を惜しんでちゃいけませんね(^_^;)

  • 2009年07月27日 02:32

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内