2009年04月10日

だあしゑんか (だあしぇんか)|チェコ料理|四谷三丁目

dashenka_guyash.JPG

チェコ料理とビール、絵本のお店

【四谷三丁目】昨年3月にオープンした、チェコ料理や東欧の料理、ビールとともに、チェコの絵本が楽しめるブックバー。

本棚いっぱいのチェコの絵本、静かに流れるチェコ語のラジオ放送が、落ち着いたいいムードをかもし出しています。お店は本格的なレストランではありませんが、ウッディな家具と、東欧チックなかわいらしい雰囲気が、女性に好まれそう。

といいつつ、お店の方は意外や、高野文雄さんと脇坂敦史さんによる男性二人の共同経営。「チェコとビールの素晴らしさを世に広めるためにお店を作ってしまった」とおっしゃるだけに、チェコビールのおいしさと、ビールによく合うチェコやポーランド、ロシア、リトアニアなど東欧の国々(ポーランドやリトアニアの料理を提供しているのは、今のところこちらのお店が東京で唯一かも)のお料理のレパートリーはさすがです。

家庭料理風のやさしい味わいのメニューの数々が、仕事帰りの疲れた体にはうれしかったですね。値段もお手ごろで、気軽に立ち寄れそうなところもいい感じでした。

dashenka_beer.JPG
dashenka_zensai.JPG

ビールの消費量が世界一というチェコのお店に来たら、まずはチェコビールをオーダーしたいところ。左写真はKozelというチェコの大衆ビール。単独で飲んでもおいしいのだが、チェコ料理の前菜(左写真。上から時計回りに、ピクルスの漬け汁を使ったチェコ風ポテトサラダ、カマンベールチーズのマリネ、さっぱりとしたチェコ風サワークラウト)、また、チェコ風ビール煮込みのグラーシュ(上写真)や、じゃがいものパンケーキのようなブランボラーク(下左写真)などともとってもよく合う!すてきなマリアージュだ。

dashenka_branborak.JPG
dashenka_bourh.JPG

左写真がブランボラーク。右写真は、おすすめのリトアニア風ボルシチ。ウクライナやロシアのボルシチとは違った、パステルピンクの色合いの美しい、ヨーグルトベースの冷たいスープとビーツ(赤カブの一種)のハーモニーが、意外な相性のよさを発揮した一品。さらにハーブのディルとイタリアンパセリが、さわやかさを演出している。

dashenka_dessert1.JPG
dashenka_dessert2.JPG

デザートもまた素朴でステキ。左写真はブルーベリーをサンドしたコラーチ、右写真はマーブル状のスポンジケーキのバーボフカ

dashenka_dashenka.JPG
dashenka_kafka.JPG

店内にはチェコの絵本のコレクションや、チェコに関する本が本棚いっぱいに展示されていて、お客さんはもちろん、自由に手に取ることができる。左写真は店名にもなった、チェコ生まれで世界中で愛されているフォックステリア犬、ダーシェンカの絵本。そして、チェコがオーストリア・ハンガリー帝国の領地だった19世紀のプラハ生まれのフランツ・カフカ(「変身」で有名ですね)の書籍も。


チェコ料理がいただけるお店といえば、東京ではほかに、表参道と渋谷の間にある「カフェ・アノ」(近く移転予定とのこと)があります。それぞれ違った個性を持っているようですが、共通しているのは、料理だけではなく、もっと広くチェコの文化を紹介したいという意欲を感じるところでしょうか。日本ではベルギービールが有名になったけれど、チェコビールももっとポピュラーになるといいなぁ、なんて思ってしまいますね。

なお、お店はあまり広くないので、予約して行かれることをおすすめします。

dashenka_floor.JPG

だあしゑんか
東京都新宿区舟町7 田島ビル2F
Tel. 03-5269-6151
http://dasenka.jpn.org/

■定休日:月
■営業時間:14:00-24:00 (LO 火?土 23:30、日・祝 22:00)

※2009年5月1日より15:00オープン、祝日の月曜日は営業し火曜日休業に変更。



大きな地図で見る


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内