2009年03月18日

アレクサンドル・ゴティエ?フードフランス|ノール=パ・ドゥ・カレ地方

foodfrance0903_zensai.JPG

ベルギー風な?フレンチ

【銀座】3月12日から19日までレストラン「ベージュ」で開催された、フードフランスの2008-09シーズンの最終回、ノール=パ・ドゥ・カレ地方のオーベルジュ「ラ・グルヌイエール」のシェフ、アレクサンドル・ゴティエ氏のランチに行ってきました。

1979年生まれのゴティエ氏は、カエルの生息する沼地(なので、彼の店のインテリアはカエルをモチーフにしているそう)に近い、家業である素朴なオーベルジュのシェフを引き継ぎ、2008年にミシュランの1つ星を獲得。ノール=パ・ドゥ・カレ地方はベルギーと国境を接しているため、料理の方もベルギーに似ているのかな、などと思っていたら、1品目からムール貝にフリット(材料はお米ですが)。しっかり期待にこたえてくれました(笑)。

で、ランチの全メニューはこんな感じでした。

ムール貝の<マリニエール>、バスマチ米のフリット
ジャガイモ、ガーリックのグラス、燻した卵黄のヴィネグレット
真鯛"ア・ラ・ピエール"、アンディーヴのキャラメリゼ
仔牛の低温調理、赤カブとトランペット茸のソテー
蜂蜜のブリオッシュ
ポレンのマカロン

アンディーヴ(チコリ)のノール=パ・ドゥ・カレ地方の特産品で、ディナーのデザートは、チコリ風味のショコラだったようです。また、地ビールが有名とのことで、真鯛"ア・ラ・ピエール"のソースはしっかりビールの味でした。

foodfrance0903_zesai2.JPG
foodfrance0903_main1.JPG
foodfrance0903_main2a.JPG
foodfrance0903_main2b.JPG
foodfrance0903_dessert1.JPG
foodfrance0903_dessert2.JPG

コースのお料理の数々。シェフのどういうこだわりなのか、前菜もメインも、お皿に謎の空白があり、「???」と思いながらいただいた。お客の動揺を楽しんでいるおちゃめさんなのかな(笑)。で、楽しかった食事で唯一、残念だったのは、セットのシャンパングラスがいつにも増して小さかったこと(通常のフルート型の半分くらいだろうか)。銘柄は"アンリオ"だったのだが...。ちょっと悲しかった。


フードフランスに参加しているシェフも、地方色を出す人、ほとんど出さないで創作性を重視する人といろいろいるようですが、個人的には前者の方が好み。今回のゴティエ氏はモダンな中にも、ほどよく地方色をちりばめてくれて、おかげでノール=パ・ドゥ・カレ地方に思いをはせながら、おいしく、楽しくお料理をいただくことができました。

さて、フードフランスの今シーズンも行なわれる予定とのことですが、詳細はまだ決まっていないようです。今度はどんな地方のどんなシェフのお料理が登場するのか、今からワクワクしています。


ベージュ BEIGE TOKYO
東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング10F
Tel. 03-5159-5500
http://www.beige-tokyo.com/

■営業時間:11:30-14:30(LO)、18:00-21:30(LO) 閉店23:30
■定休日:月



大きな地図で見る


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内