2009年02月20日

秋田「しょっつる」を世界の味に

shoturu.jpg

しょっつるを使ったイタリア料理を提案

秋田県の企画により、3月5日にこんな催しが行なわれるそうです。以下は2月20日付の読売新聞の記事より。


アンチョビーならぬショッツルのパスタはいかが?──。ハタハタで作った魚醤(ぎょしょう)「しょっつる」をパスタやソースなどに利用し、イタリア料理を作る体験ツアーが来月5日開かれる。

秋田県が初めて企画した。

ツアーでは、男鹿市の醸造所でしょっつるの製造過程を見学後、料理教室に参加。メニューは、しょっつるで味付けした春野菜のパスタ、オリーブオイルなどで風味をつけた特製しょっつるソースで食べる海鮮素揚げの2種類。

一足早く試食した県の担当者は「魚のうまみが凝縮され、まさに地中海風」と太鼓判を押す。体験ツアーが参加者に好評であれば、今後、フランス料理や中華料理にも使う考えで、しょっつるの「世界デビュー」がかかっている。
...
読売新聞「秋田「しょっつる」を世界の味に、まずはパスタ試食を」より


魚を発酵させて作る調味料といえば、海外ではタイのナンプラーやベトナムのニョクマムなどを思い出しますね。発酵食品ならではの、あの独特の風味は好き嫌いの分かれるところかもしれませんが(私はもちろん大好きです(笑)。

ところで、古代ローマにもガルム(ガラム garum)という魚醤があり(なので、地中海風なのは当然といえば当然?)、イタリアでは長い間、幻の調味料といわれていたのですが、最近になって復活しました。数年前からは日本にも輸入されています。札幌にはその名も「リストランテ・ガルム」というイタリア料理レストランがあるようです。これらの魚醤が各地で独自に発生したものなのか、それともどこか歴史的経緯でつながっているのか、興味があります。

アンチョビソースとも違った味わいのするガルム。秋田特産のハタハタを材料にしたしょっつる(現在はハタハタ以外の魚を使うこともあるようですが)も、きっと微妙に味わいが違うのでしょう。しょっつるパスタは、いうならば"本家"への逆輸入の試みといえそうです。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内