2009年01月26日

不況でも売れるフィッシュ&チップス

fishandchips09.jpg

英国で一番人気のファストフード

先日のロンドン外国為替市場で、対円=125円台後半をつけ史上最安値を更新してしまった英ポンド。イギリスも未曾有の不況に見舞われていることがうかがえますが、そんな中でも、イギリス庶民の味フィッシュ&チップスの売り上げは落ちていないのだそう。以下はCNN.co.jpの記事からの抜粋です。


ロンドン(CNN) 世界的に不況の英国の伝統的なファーストフード「フィッシュ・アンド・チップス」の売り上げが、世界的な不況の冷風の中でも落ちていないことが、シーフード業界団体の調査で判明した。

業界団体シーフィッシュによると、英国に約9500あるフィッシュ・アンド・チップス店の売り上げは昨年、前年比1.7%増だった。

また、シーフィッシュが選んだ2008─09年度の最優秀店は、スコットランドにある「Anstruther Fish Bar」。利用者の投票と味、そして店舗調査などを総合的に評価し、最優秀店と決めた。同店は英ウィリアムズ王子のほか、俳優ロバート・デ・ニーロさんやトム・ハンクスさんも訪れたことがあるという。
...

「不況でも売れるフィッシュ・アンド・チップス 英国」(?CNN.co.jp)より。


ロンドンの下町育ちだけれど実は貴族の後継ぎだった青年を描く「ミー・アンド・マイ・ガール」というイギリスのミュージカル・コメディーに、「寝室もバスルームもキッチンもひとつ部屋の中。食事は毎日毎食フィッシュ・アンド・チップス」と主人公が自嘲するシーンがありました。物語の舞台になった1930年代の労働者の暮らしぶりは、それに遠からぬものだったでしょうが、たとえ不景気風が吹いても、フィッシュ・アンド・チップスは、今も昔も階級を問わず英国人にとってなくてはならない存在なのでしょうね。

それにしても、記事中にあるスコットランドの「Anstruther Fish Bar」、気になるなぁ(笑)。私自身もロンドンで経験したのですが、フィッシュ&チップスには当りはずれがあるものの、おいしいお店は遠出するだけの価値があると思います。

せめて、日本でおいしいフィッシュ&チップスを提供しているパブを探して行ってみたくなりました。

と、動画レシピを見つけたのでリンクしておきますね。

イギリス式フィッシュ&チップスの作り方(動画・英語)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内