2009年01月22日

カレーをおいしくする米が発売

kareimai.jpg

日本米とインディカ米を交配した新品種

今日1月22日は「カレーの日」(日本の給食に初めてカレーが出された日)なのだそうですが、この日にちなんで、ハウス食品から"カレーをおいしくする米"と銘打った「華麗舞」(かれいまい=カレー米)が販売開始されました。

ハウス食品によると、この商品は、コシヒカリの産地である新潟県妙高市で産まれたジャポニカ米(短粒種)とインディカ米(長粒種)の特長をあわせもった新しいお米。お米表面の粘り気が少ないため、塊にならず、カレーソースにさらりとなじみ、もっちりとした食感が楽しめるとのこと。正確には「北陸149号」という名前がついた、試行錯誤の末の新作だといいます。

今やカレーは、まさにインド人もびっくりするほど"日本の国民食"のひとつとして愛されてきました。日本のカレーはヨーロッパ経由で入ってきたため、インド圏のカレーとはちょっと違うのですが(「恋と革命の味」と銘打った新宿・中村屋の"インドカリー"のように区別されていますね)、香辛料と野菜や肉のマリアージュ?は奥深くて、どちらのカレーも幅広い世代に人気を集めています。

カレーとお米との相性については、私もずっと気になっていました。北インドのカレーはインディカ米(もしくは小麦粉のナン)、南インドのカレーはジャポニカ米といったように、カレーによってベストマッチがあると思うのですが、日本のもちっとしたお米は、カレーの種類によってはいまひとつなのですよね。サリークィーンという日本産のバスマティー型細長粒のお米が以前からありましたが、日本のカレー向けに開発されたと思われる華麗舞は、もちっとした食感とさらっとした食感が両方味わえるとのことで、より日本人好みなものを目指しているのかも。

それにしても、丸美屋の「究極の麻婆米」といい、去年発売されてヒットした「萌え米」といい、コメ離れといわれる一方で、お米の売り方もアイデア次第なのだなぁと思います。

華麗舞は、ハウス食品の通信販売サイトから5000セットの限定販売とのことで、私もさっそく注文してみました。商品が届いたら、カレーと合わせて食べた感想や、他のお米との比較などを綴ってみますね。

詳しくは
「ルーと相性抜群!カレー専用の米"華麗舞"発売」
(東京ウォーカー)


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

キム小僧さん、コメントをありがとうございます。

タイ米も高くなりましたね。ただでさえ関税が高いのに...。

多様化する食に対応して、ジャポニカ米だけでない日本産のお米もいろいろ売り出されるとコメ市場も活性化するのではないかと思います。

  • 2009年01月26日 22:39

この記事を見て私も興味津々なので,是非,レポートをお願いします。
去年はタイ米が高くなり,もちろん現地でも値上げしてましたがタイ料理を作るのに苦労しました。

  • キム小僧
  • 2009年01月23日 11:58

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内