2008年12月17日

韓国で「食べ残し」の使いまわし禁止キャンペーン

chigyankorea.jpg

副菜の使いまわしを禁止

いくら無料だからといって...。韓国や韓国料理好きにはちょっとショックな話題です。以下、The Daily NNAの記事より。


韓国料理といえば、机いっぱいに並んだ「パンチャン」(副菜)が有名だ。これらのパンチャンは無料で提供されるのが一般的だが、実は大半が別の客の食べ残しであったことが明らかになった。ソウル市の各区では残ったパンチャンの「使いまわし」を禁止するキャンペーンを展開している。ソウル新聞などが伝えた。

詳しくは
【韓国】「食べ残し」の使いまわし禁止キャンペーン、ソウルの外食産業
The Daily NNA(Yahoo配信)


日本でも昔、喫茶店の他の客のジュースに入っているさくらんぼを使いまわしている、なんて噂がたったことがあったけれど、それの上をいく話ですね。あ、最近では、関西の料亭で他のお客の食べ残しの使いまわし事件が発覚して廃業に追い込まれた事件もありましたが...。

お客としては、信頼のおけるお店を選んで食べに行くしかないのかもしれません。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

池袋の某定食店が、まだチェーン展開していなかったころ、
キッチンの内側にホーローバケツに水を張って置き、
客から回収したパセリをその中に投入していたのを
思い出しますね。
あれは、何をやっていたのだろうか。

  • お水汲み当番
  • 2008年12月18日 15:28

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内