2008年10月07日

グローバルフェスタJAPAN2008 リポート

globalfesta08_kanban.JPG

年に1度の国際協力のお祭り

【日比谷公園】10月4、5日に日比谷公園で開催された毎年恒例の国際協力のお祭り「グローバルフェスタJAPAN 2008」に行ってきました。

毎年のことながら、大使館やNPO、国際機関など実にたくさんの団体が出展・出店しておりました。まじめに国際協力に取り組んでいる方々の姿は、何とも清々としていますね。

それとは逆に、アフリカ諸国の大使館ブースが商魂たくましく(?)声高々に食べ物やビールの売り込みをしていたのが印象的でした。もちろん、私の一番の目的もそれらの珍しい料理をいただくことだったのですが...。

globalfesta08_ugandatanzania.JPG
globalfesta08_uganda2.JPG

東アフリカの旧英国領同士・タンザニアとウガンダのブース。サモサやチャパティなどインド料理を販売(でも現地ではポピュラー。イギリス領だった関係もあってインド人が多いから)。ウガンダの方はチャパティに、アフリカらしい素朴な豆のシチュー(右写真)がついていた。

globalfesta08_tanzania2.JPG
globalfesta08_egypt.JPG

タンザニアの野菜サモサを割るとこんな感じ。インドとはちょっと具が違う?右写真はエジプト大使館ブースにて。他のアフリカ大使館とは別の場所で、コシャリやターメイヤ、お菓子類をパッケージ詰めにしてスマートに販売。

globalfesta08_radak.JPG
globalfesta08_battertea.JPG

インド北部の山岳地帯ラダックのテントックという、ほうとう風の料理。昨年も販売されていた。スパイスがきいていながら、やさしい味わい。右写真はチベットのバター茶を作る道具。

globalfesta08_philippines.JPG
globalfesta08_bosnia.JPG

フィリピンのオーガニック・バナナ50円。すでに売切れ...。朝バナナダイエットの影響?(笑)

右写真はボスニア・ヘルツェゴビナのブースにて、お茶のセットの展示。残念ながら販売はしていなかったが、ボスニア料理のレシピを配布していた。


土曜日は好天に恵まれ、なごやかな雰囲気もひとしおでした。例年のように飲食ブースが多かったですが、国際理解の第一歩として、やはり食が重要ということなのでしょうね。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内