2008年10月03日

ナマステ・インディア2008 リポート

namasteindia08_stage.JPG

16回目を迎えた日本最大のインド祭

【代々木公園】9月27日、28日に代々木公園イベント広場で開催された「ナマステ・インディア2008」に行ってきました。このイベントは今年で16回目を迎えたそうです。

出店数は100店ほど。インド料理、雑貨などのブースのほか、ステージではインド政府から派遣されたグループを含むインド舞踊や音楽などのアトラクションが行なわれていました。

また、気になるVIP用ルームなどという特別あつらえのコーナーや、オブジェなどの展示も。インドも豊かになったのですね。それに、フェスティバルを長年続けてきた賜物でしょうか。インドの多様性が日本人にもずいぶん知られるようになったと思います。

昨年からはインド大使館が主催に加わり、さらにグレードアップされた感じですね。

namasteindia08_people.JPG
namasteindia08_oji.JPG

インド放浪歴のありそうなバックパッカー風の日本人もときどき見かけたが、生活に余裕のありそうなインド人の方々が年々、目立っているような気がする。世界的なBRICsの海外躍進のためもあるのだろうか。

そんな一方で、どこかでお会いしたようなおじさんも。あ、エアインディアのマスコットでした。

namasteindia08_tandori.jpg
namasteindia08_puriset.JPG

左写真は焼き鳥のようで日本人にもなじみのあるチキンティッカ。右写真は、インド人が多く暮らす街として有名になった西葛西のインド料理店「スパイス・マジック・カルカッタ」のベジタリアン・プーリセット。老舗を含めて東京の多くのインド料理店がブースを出していたが、インド人の心を一番掴んでいたのはおそらくこちらの店だろう。ひときわ行列が目立った。ブースを広く取っていただけでなく、北インド、ベジタリアン、南インドと窓口が分けられ、メニュー豊富に本場スタイルの料理を提供していた。

namasteindia08_snak.JPG
namasteindia08_okashi.JPG

揚げたてのサモサと、"インドのかりんとう"と説明されていた甘い揚げ菓子ジャレビのブース。インドではお祭り屋台の定番スナックなのだろうか。あちこちのお店で売られていた。

namasteindia08_shop.JPG
namasteindia08_wine.JPG

インド製のレトルトカレーもいろいろなメーカーの品が輸入されるようになった。どこのメーカーがおいしいのかな?1個200円で安売り。

右写真は、インド産ワイン「シャトー・インダージ」のラインナップ。赤(カベルネなど)・白(シャルドネなど)・スパークリングが揃っている。1982年創業。まるでカリフォルニアワインのようなアプローチ(と思っていたら、実際インドのロバート・モンダヴィを目指して創業されたのだそう)。カレーにも合うワイン?試しにスパークリングを1本購入。


もちろん料理も多様化されました。定番のカレーやタンドリチキン、ナンだけでなく、南インドのドーサ、ベジタリアン用のプレートなども。これからも、もっともっとバラエティになって、地方料理がいろいろ登場することを期待しています!

***

そういえば、10月25日には西葛西でヒンドゥーのお正月ディワリを祝う国際秋祭りが開催されるとのこと。大使館がらみの公式イベントとはまた違った、気取らない普段着のインドが見られそうで、こちらもなかなか楽しみです。

西葛西の国際秋祭りについて詳しくは
料理イベントカレンダーをご覧ください。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内