2008年06月01日

デカメロン|ギリシャ料理|新宿

decameron_musaka.jpg

東京の老舗ギリシャ料理店

【新宿】歌舞伎町の中にある、1972年創業のギリシャ料理&"西洋酒場"。気取らない雰囲気でギリシャの家庭料理とお酒がいただけるお店です。

世代交代のためか、オーナーがリタイアのため突然閉店、という老舗レストランが最近ぽつぽつとあり、私など寂しい思いをすることがあります。ところが、こちらのお店は、初代の息子さんたちがお店を継ぎ、姉妹店の同じ歌舞伎町内にあるギリシャ料理中心の店「風の蔵」とともに、看板を守っているのです。頼もしい!

店舗は歌舞伎町の中心地・コマ劇場の近く。風俗店が建ち並び、あやしいおじさんが徘徊するおせじにもガラのよいところではありませんが、年季の入った階段を登って2階のフロアに入ると、あらびっくり。何とも健全、かつクラシックで品のいい空間が...。まだ若い2代目オーナーがにこやかに迎えてくださいます。

さて、お料理の方もちょっと感動しました。メニューはギリシャ料理だけではないのですが、ギリシャ料理の占める比率が大きいです。そして、たっぷりのボリュームなのに手ごろな価格...。味の方も、この日同席した別のギリシャ料理店のシェフが太鼓判を押したほどだから、間違いありません。

中でもムサカ(840円。上写真)。旨いです。ふんわりベシャメルソースとあっさりトマトソースがナイス。そしてこの価格にしてこのボリューム。都内中心地とは思えない値段です。あとで知ったのですが、マスコミにもたびたび取り上げられ、これを求めてお店に通う人もあるほどの人気メニューだったのですね。

decameron_zensai.jpg
decameron_greeksalad.jpg

前菜のメゼ(タラモサラタ、濃厚なヨーグルト、ひよこ豆のペースト)と、ギリシャサラダ892円。突き出しからこのたっぷり感にうれしくなってしまう...。

decameron_bakaryau.jpg
decameron_gyubechi.jpg

ビールで衣を揚げてパリッとさせたバカヤロ(干し鱈)のフライ945円と、お米のようなカタチのパスタにビーフシチューをかけてオーブン焼きしたユベチ1260円。前者は運ばれたときに「バカヤロウでございます」と聞こえてドキッ(笑)。どちらも、ひと手間かけているなぁ、という感じのお料理。おいしい。

ギリシャ料理はトルコ料理と似ているのだが(こちらのお店は寛大だと思うけれど、わかっていても両国出身者に向かって言いませぬように。一気に険悪な雰囲気になった経験あり(汗)。歴史的経緯から両国は仲が悪いのです...)、スパイスが控えめでイタリアや他の南欧諸国の味に近いイメージ。初めての人はコースお1人2500円(7品・税別。安い!)?がよいかも。飲み放題コースもあるそうだ。何人から用意していただけるか等はお店に相談を。

decameron_cyprusbeer.jpg
decameron_floor.jpg

ギリシャワインやウゾ、メタクサといったギリシャのお酒のほか、珍しいキプロスのビールや、ギリシャコーヒーもある。右写真はフロアの様子。入り口正面にある大きなライオンのレリーフがお店のカンバン。


店名の意味はもちろん、大きなメロンではなく(ちなみにまじめな話、"でかい"のでかはギリシャ語のdeca=10=大きい、からきたという説あり)、歴史の教科書にも登場するボッカチオの書いた14世紀ギリシャの物語集の名前から。家族経営らしく、お料理にもどこか愛を感じるところがいいですね。こういうお店は、特に都心では年々、貴重になっているような気がします。

decameron_shop.jpg

ただ、お嬢さんには1人で歩くことをおすすめしかねるロケーションだけがネックなのですよねぇ。しかし、ジャングルに舞い出でる魑魅魍魎をかいくぐり(笑)、食べに出かける価値はありますよ。


デカメロン
東京都新宿区歌舞伎町1-21-2 文華桜ビル2F
Tel. 03-3200-2470
http://g.pia.co.jp/shop/83364

■営業時間 Open: 17:00-23:00
■定休日 Close: 日祝



大きな地図で見る


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内