2008年05月28日

週刊ダイアモンド・特集「ガイジン様」大争奪戦

weeklydiamond_gaizin.jpg

東京エスニックマップや食材店リストも

タイトルはひどいけれど(苦笑)中身は充実。現在、発売中の週刊ダイアモンド5月31日号の「ガイジン様大争奪戦」では、低迷する消費市場の切り札として外国人の購買力にスポットを当て、日本の外国人に関する情報が特集されています。

切り口はいかにも金融・経済誌らしいのですが、"8日間で300万円散財!ロシア人青年実業家の“大名旅行” などという記事のおまけに、"これが東京にあるガイジン村だ!"と題して東京のエスニックタウン・マップをフューチャー、さらに、さまざまな国・地域の食材店リストや地方の外国人分布度も掲載されていて、なかなか読みごたえがあります。

diamond_gaizin2.jpg

マップの方には、東京のどのエリアにどんな国の人が住んでいるか統計を記してあり、食材店やレストランの傾向を知る上の手がかりになりそう。特に、東京北部・東部の足立区や荒川区、葛飾区のディープゾーンっぷりに、さらに磨きがかかっているのが数字にも表れています(足立区のフィリピン人人口が3726人。それに東京のはずれにバルバドス人やレソト人、ウガンダ人が集まって住んでいるなんて知らなかった?)。

食材店リストは、私のような料理好きにはありがたい情報です。特に、新大久保界隈の食材店がますます充実しているのを改めて確認。私もごひいきにしている南インド系オーナーの食材店"NASCO"(タイ米が激安)などもちゃんと掲載されていました。

と同時に、日本で暮らす外国人の方々が、食材の情報を得るのに苦労されていることもわかりました。ベジタリアン用の食材を日本のメーカー品から探し出す努力など、ちょっと涙ものです。せめて英語は併記してあげないといけませんね。

よしあしは別として、少子化などの影響で、今後も日本に外国人は、国籍の多様さとともに増えていくのではないでしょうか。経済的にも文化的にも、上手に彼らと共生していければいいなあと思います。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内