2008年05月05日

10ヶ国の料理フェスタ2008|ホテルオークラ東京

10festa_zentai.jpg

レアな国も含む洗練された各国料理

【虎ノ門・六本木一丁目】ホテルオークラ東京でゴールデンウィークに毎年恒例の「10ヶ国の大使夫人のガーデニング」と同時開催されている「10ヶ国の料理フェスタ」に行ってきました(5/6まで開催)。

今年の参加国は、 

ベルギー、ポルトガル、スロヴァキア、ロシア、中国、タイ、オマーン、モザンビーク、カナダ、ペルー

の10ヶ国。おなじみの国もあれば、あまり聞きなれない国もありますが、同等に並べられてバラエティ豊かになったお料理をランチ・ビュッフェで堪能してきました。数種のデザート、コーヒー、紅茶込みで大人1人4000円(税サ込み。子供料金は3000円)です。

10festa08_3curries.jpg

まずはカレー3種。左から、タイのグリーンカレー、中東の王国オマーンの海老カレー、アフリカ東海岸にある旧ポルトガル領の国モザンビークのチキンカレー。どれもココナッツミルクを使用。後者2国は、歴史的な経緯からアラビア海側の南インドの影響がうかがえる。

どれもホテルらしい洗練した味わいなのだが、どういうわけかタイのグリーンカレーだけは、ハーブの香りもなく、ボテっとした塩辛さでイマイチな味だった。オークラの厨房はタイ料理は得意分野ではないのかしら...。

10festa08_slovakia.jpg
10festa08_canada.jpg

こちらもちょっと珍しい国の料理。左写真は東欧スロバキアの具だくさんなグヤーシュ(パプリカのシチュー)。左写真はカナダのポークロイン。

10festa08_bourch.jpg
10festa08_peru.jpg

左写真は何とも上品なロシアのボルシチ。右写真はペルーのキヌア入りガスパチョ。ヌエボラティーノ(新ラテン料理)っぽい一品だ。

10festa08_moor.jpg
10festa08_shumai.jpg

一般の日本人にもホッとできるおなじみの料理も。左写真はベルギーのムール貝のワイン蒸し(ベルギーからはほかに、シコン=アンディーブのグラタンも)、右写真は中国の貝柱入りシュウマイとグリーンアスパラの炒め物。こういったスタンダードな洋食、中華のおいしさは、さすが。

10festa08_portugal.jpg
10festa08_tako.jpg

ラストはポルトガルのゴージャスなタコのリゾット。お隣は、デコレーションのパン粉で作ったタコ。こうした見た目で楽しませてくれるおもてなしにも、日本を代表するホテルの伝統を感じる。


料理の味わいは、どれも洗練されたもの。「大使夫人のガーデニング」に合わせているためか、おそらく上流の人たちの好みで、初心者でも安心しておいしくいただけると思います。また、お年寄りに配慮してか、カレー・コーナーにいなにわうどんを用意している配慮には、何だか泣けてきました(笑)。

さて、「大使夫人のガーデニング」の方にも興味があったのですが、入り口で行列のできる大変な混雑だったため、今回は見学をあきらめました。会場の出口付近にあるコンチネンタルルームに行きたいといえば、直接、案内してもらえます。


ホテルオークラ東京 
コンチネンタルルーム、アスコットホール(いずれも本館)
東京都港区虎ノ門2-10-4
Tel. 03-3224-7688
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/event/gardening08/index.html



大きな地図で見る


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内