2008年04月23日

協力隊まつり2008 リポート

kyoryokutai08_kanban.jpg

海外青年協力隊OBらによるお祭り

【広尾】4月19日(土)・20日(日)に、広尾のJICA地球ひろばで開催された「協力隊まつり」。珍しい国の料理も振舞われるとのことで行ってきました。

青年協力隊とシニア海外ボランティアのOB会により、「地球がふるさと?守ろう地球の環境?」をテーマに開催された今年のフェスティバル。民族音楽の演奏や展示会などで、ほのぼのと盛り上がっていましたが、私は何はともあれ、アフリカのニジェール料理、南太平洋のサモア料理、中米のホンジュラス料理の販売ブースに直進(笑)。これらの国々で貴重な体験をされたOB、OGの方々が作られた珍しいお料理を楽しませていただきました。

kyoryokutai08_namao.jpg
kyoryokutai08_brito.jpg

左写真は、アフリカ・サハラ砂漠に面する国ニジェールの食べ物ナマ。現地のハウサ語でズバリ"肉"という意味の、きわめてシンプルな料理。スパイシーなソースにつけた牛肉と羊肉、内臓肉とタマネギを焼き、とうがらしやにんにくなどをミックスした塩をつけていただく。けっこうイケる味。

右写真は、中米のホンジュラスOB有志の会による、フリホーレス(豆)をとうもろこしの粉で作った皮で包んだブリトー。メキシコ料理と類似。そういえば、彼らの主食である、世界的なとうもろこしの高騰が心配だ...。

kyoryokutai08_pankeke.jpg
kyoryokutai08_kakao.jpg

左写真は、南太平洋の国サモアのスナック、パンケケ。お察しの通りパンケーキが訛ったもので、シナモンの効いたモチモチ、サクサクのタネがとってもおいしかった。ちなみに、OB会の方に話を聞いたところ、サモアの主食はタロイモやココナッツ。常夏ののんびりしたサモア島は、ハワイ出身の元力士・小錦もルーツでもあるそう。体格のいい人の多いサモア人の食生活の秘密はそんなところから?

右写真は、カリブの国ドミニカ共和国のブースから。ドミニカ産のカカオを使ったチョコレートが、近日中にロッテから発売されるそうで、しっかり展示されていた。産地特定もここまできたのですね。メモメモ。

kyoryokutai08_cafefrontierm.jpg
kyoryokutai08_people.jpg

手作り感のただよう、なごやかな会場。JICA地球ひろばには、「カフェフロンティア」という、世界各国の料理を提供するおしゃれなカフェレストランが常時、併設されている。タイ料理のトートマンプラー、ベトナム料理の生春巻きといったポピュラーな料理から、ガーナ風春巻き、西アフリカのフフ&シチューなどちょっと珍しいメニューまで。軽食がメインで、広尾で小腹がすいたときに重宝しそう。


私は残念ながら、協力隊に参加したことがないのですが、どこへ派遣されるともわからず、特に初期のころは、前準備もなくほとんどいきなり現地に送られて、カルチャーショックを受ける人も多かったそう。そういった海外、特に途上国での体験を乗り越えてきた元協力隊の人々には、連帯感があるのでしょうね。部外者の私も、ほのぼのとした雰囲気のお祭りを満喫させていただきました。

JICA地球ひろば
渋谷区広尾4-2-24
Tel. 03-3400-7717
http://www.jica.go.jp/hiroba/



大きな地図で見る


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内