2007年09月10日

ネパール・フェスティバル 2007 リポート

nepalfes07_stage.jpg

ネパール人と日本人の手作り祭

【日比谷公園】9月8日・9日、東京・日比谷公園にて「ネパール・フェスティバル」が日本で初めて開催されました。

汗ばむほどの好天に恵まれた週末。日本における各国フェスティバルの先駆であるタイやインドに比べると、ぐっとこじんまりとしているものの、ネパール料理やネパールのビール、雑貨のブースなどが登場し、ステージでネパールの多彩な民族を紹介するショーが行なわれたりと、手作りイベントらしい素朴で、ホンワカしたムードが魅力のイベントでした。

nepalfes07_people.jpg
nepalfes07_foods.jpg

会場には在日ネパール人の姿が目立った。日比谷公園の噴水をぐるりと囲んで、ネパール・レストランによる料理やビール、雑貨などのブースが登場。カレーにシシカバブ、モモなどのネパール料理が販売されていた。

nepalfes07_tass.jpg
nepalfes07_rice.jpg

上写真はカレーをからめて焼いたマトンと、タスというライスフレークのセット。ネワール族の料理だという。

nepalfes07_momo.jpg
nepalfes07_roti.jpg

蒸したてのモモと、じゃがいものカレーが添えられた揚げパンのローティ


残念といえば、ちょっとおとなしすぎたことでしょうか。会場前に目立つイベントの看板のひとつもあったら、日比谷公園の近くにオープンしたばかりの「ペニンシュラホテル」目当ての見物客も呼び寄せられたかも...、なんて思いました。

願わくば、さらにパワーアップして、恒例イベントになってくれたらうれしいです。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内