2007年05月09日

アラン・パッサールのスペシャル セレクション

alan_ankou.jpg

パリの三つ星シェフが来日

パリで最も予約が取れないといわれる三つ星レストラン「アルページュ L'Arpege」のシェフ、アラン・パッサール氏が来日し、4月26日から30日まで東京プリンスホテル パークタワーのレストラン「ブリーズ ヴェール」でお料理を提供しました。

パッサールさんは、定期的に「ブリーズ ヴェール」のために来日されているのですが、大物シェフだけに何せ予約が取れない。今回は、すばらしく情報キャッチの早い友人が2ヶ月前にすかさず予約を入れてくれ、何とかランチのテーブルを確保できた次第でした。

かつては肉料理のエキスパートだったというパッサールさんですが、99年からは野菜料理に力を入れているそう。今回のお料理も、旬の日本の野菜をふんだんに使った、まるで日本料理のようにも思える淡白なものばかり。メインは、青森産あんこうという意外な食材を使ったあんこうの玄米茶風味の塩包み焼き フレッシュハーブのアンフージョン(上写真)でした。

日本の年配のお客さんにもしっかりとアピールしている、時流を掴んだ何ともヘルシーな"フレンチ"なのでした。

alan_tamago.jpg
alan_yamaimo.jpg

左写真は、「アルページュ」の定番アミューズ「こだわり卵のメイプルシロップ風味」。殻ごとの卵を使ったエスプリ。混ぜて食べずに、上から積み重ねた味わいを少しずつ楽しんでくださいとのこと。

右写真は、埼玉の農園直送根菜 アルページュ風 一番絞り胡麻油とムスクラン。なるべく近い産地から運んだ野菜を使いたいという意向なのか。胡麻油を使いながら野菜のうま味が生かされた、まるで日本料理のような一品だった。

alan_zensai.jpg
alan_cheese.jpg

右写真は、有機野菜とシェーブルフレのテリーヌ 山葵風味のヴィネグレット。見た目の美しさはフレンチ、味は日本の薬味を使った、日仏合作的なお料理。そして、デザートの前にチーズのワゴンサービス(ベルナール・アンソニーのフロマージュ)。10種ほどから好きなチーズを選べた。デザート前のチーズは、ワイン好きにはうれしくなってしまう。

alan_dessert.jpg
alan_poster.jpg

デザートはさっぱりとしたブリオッシュのクリスティアン ピスタチオのアイスクリーム。これで税サ込みでしめて10000円。他に14000円のコースも。ディナーは22000円?。Concierge.comによると、パリのお店でランチをいただくと130ユーロ(約21000円)はするそうなので、ユーロ高の折、お得だと思う。

-----------------------------------------------------------------------

読売新聞によると、パッサールさんは最近、料理絵本「庭の小さな仲間たちの季節の野菜レシピ」(幻冬舎)を出版されたそう。絵本の中には、子供たちのために"空豆のオープンサンド"や”イチゴの冷たいスープ ハイビスカスシロップ風味”など、実際にご自分のレストランで出している料理のレシピも収録されています。ああ、なんて贅沢な食育だろう!なんて、大人もうらやましくなってしまいますね。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

エ?ン!私も行きたかったよ??ん。
でもランチは無理だからしょうがないです。
写真見て満足しますね。

  • RAICHI
  • 2007年05月11日 12:27

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内