2007年05月21日

アフリカンフェスタ2007|日比谷公園

african07_congo.jpg

今年も「アフリカと出会える2日間」

【日比谷公園】5月19・20日に日比谷公園で開催された、外務省主催による日本とアフリカの相互理解・交流を目指すイベント「アフリカンフェスタ2007」に行ってきました。

この週末は天候に恵まれ、青い空、明るい太陽のもと、今年もアフリカ各国の大使館やNGO団体などのブースがズラリ。知名度が高まっているためでしょうか、人出の方も昨年以上の印象でした。

私が真っ先に目指したのは、もちろん、各大使館やレストランによる「アフリカン・フードコーナー」(笑)で、こちらも年々、充実して、刺激的になりました。今年は、19日がアンゴラ、エジプト、レソト、モザンビーク、20日がアルジェリア、コンゴ民主共和国(旧ザイール)、マラウイ、マリ、ジンバブエ、両日がベナン、ブルキナファソ、エリトリア、ケニア、モロッコ、ナイジェリア、ルワンダ、スーダン、チュニジア、ザンビア、カメルーン、エチオピア、エチオピアといった国々が出店していました。

african07_benin1.jpg
african07_benin3.jpg

「さんまのSUPERからくりTV」などに出演していたアドゴニー・ロロさんによる母国ベナンの料理、コーンミールのプリンのチキン添え・アンミーウォと、同じく、豆とラム肉の煮込み・アボボ。西アフリカの素朴な食生活が想像できる。

african07_algeria.jpg
african07_zambia.jpg

左写真は、セモリナ粉にピリ辛トマトなどの具をはさんだアルジェリアのパン・エムハジェブ。アルジェリアもベナンも旧フランス領だが、フランス美食文化の影響のためか、見掛けは垢抜けなくても、味がいい。

右写真は、ザンビアのザンビア風豆煮込み。ちょっとぎょっとする色合いの見かけだが(笑)、辛くなく、ホクホク豆がおいしい素朴な味付け。

african07_ertorea2.jpg
african07_eritorea.jpg

アフリカ大陸の北東部の国エリトリアの料理・ツァビヒーとインジェラ。エチオピアと国境を接するだけに、エチオピアの料理とよく似ている。右写真は首都アスマラの名前をそのまま冠した、アニス風味のエリトリアの地酒ジビブ。

african07_kenia.jpg
african07_rwanda.jpg

ケニアのサモサ(アフリカ大陸の東側にはインド人住民も多いので、こんなインド料理がポピュラー)と、ルワンダのムシカキ(肉の串焼き)&おかずの盛り合わせ。ルワンダのブースでは、コーヒーとビールを割ったイカワビールという変わったドリンクも販売されていた。

african07_zimbabwe.jpg
african07_shop.jpg

私にとっての今回のメインイベント、珍しいジンバブエの料理・サザのチキン、ピーナッツバター和え。他のアフリカ諸国でウガリとかフーフーとかいわれる、キャッサバの粉のおだんごと一緒にいただく。ジンバブエのブースでは、旧宗主国イギリスの影響を受けたとおぼしき、素朴なビーフパイも。

会場には、都内にあるアフリカ料理レストランのブースも数店登場。バザー風の大使館ブースよりも、お料理の味や盛り付けの工夫は、プロであるこれらの店の方が上手だ。

右写真は、中目黒にある老舗エチオピア料理店「クィーン・シーバ」のブース。これってエチオピアの料理?と思うメニューも混ざっていたが、ひときわおいしそうに見える料理の写真など、さすがにこなれた感じ。代々木公園で同日に開催された「ワンラブ・ジャマイカ・フェスティバル」にもブースを出店していたりと、ビジネスも上手。


とてもすべて国の料理は食べられないので、"日本にまだレストランのない国"に絞ることにしたのですが、世界のすべての国の料理を食べることを目指している私などは、このフェスタ中に制覇リストがかなり片付いて、ニンマリ(もっとも、アフリカの国境は旧宗主国によって人為的に引かれたケースが多いので、部族ごとの料理等でないと、本来はあんまり意味がないのかもしれませんが...)。

お料理は1皿500-700円程度。フードコーナーはお昼時には芋洗い状態の人ごみで、食べものへの好奇心が旺盛な日本人らしい、関心の高さがうかがえました。

聞き慣れない遠いアフリカの国々をイメージするには、まずその国の料理を食べてみるのが一番ですよね。来年もフェスティバルのさらなる充実を期待したいところです。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

ムクナさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

ライブのお知らせありがとうございます。アフリカン・フェスタでもポスターが飾られていましたね。

コンゴ・ミュージックの日本における第一人者のライブが聴けるチャンスですから、私も時間が合えばぜひうかがいたいと思います!

  • 2007年06月20日 10:42

ムクナです。以前三浦海岸のイベリコ豚でお世話になりました。
6月30日(土)浜松町駅アフリカレストラン「カラバッシュ」でアフリカンライブを行います。ぜひともいらしてください。

日時 6月30日 開場 18:30 開演 19:30
場所 アフリカレストラン カラバッシュ
    JR浜松町駅南口徒歩1分
料金 当日 3500円 前売り 3300円 1ドリンク付

別料金で軽食ご用意しています。

予約、お問い合わせ
ムクナオフィス 03?3914?2733 090?4074?3924
e-mail fumimukuna@aol.com
http://web.mac.com/elmax/iweb/mukuna

よろしくお願いします。


トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内