2006年11月17日

ベネズエラ・フードフェア|東京ヒルトン

venezuela_main.jpg

ベネズエラ人シェフが来日

【西新宿】新宿のヒルトン東京ホテルのロビーラウンジマーブルラウンジで11月16日まで開催されたベネズエラ・フードフェアに出かけてきました。

今回のフェアでは、アメリカのザガット誌で"全米のベスト・レストラン"のひとつに選ばれたマイアミの南米料理レストラン「カカオ」のオーナーシェフ、エドガー・レアルさんが来日。ベネズエラの古典的な伝統料理を踏襲しながらも、モダンで華やかな料理を提供していました。

上写真は、ブッフェのメイン料理。黒豆の煮込みや、細切り牛肉を煮込んだカルネ・メチャーダ、揚げたバナナ(プランテーン)など、本来はもっと地味であろう南米の料理が、"シンプル・シック simple chic"を身上とするレアル・シェフの感性によってアレンジされ、目でも、舌でも、楽しむことができました。

北米から南米やカリブへのゲートウェイである都市マイアミは、欧米人客らにも受け入れられるようモダンに洗練されたラテンアメリカ料理(ヌエボ・ラティーノ)の発祥地です。レアル・シェフは、そのマイアミの高級住宅街・コーラルゲーブルスに店を構えて、成功しているわけ。オープンしたレストランの半数以上が1年以内に消えていくという厳しいアメリカ・レストラン業界で、これは、なかなかスゴいことでしょうね。

venezuela_zensai.jpg
venezuela_soup.jpg

左写真は、ベネズエラ料理ブッフェの前菜。鮮魚を使ったマリネ(セビッチェ)各種や、素朴な味わいのとうもろこしのパンアレパ(手前写真。チーズやハム、豚肉、卵などの具をはさんで食べる)、アーティーチョークのサラダなど、モダンな見かけながらも、しっかりと南米色を残している。

右写真は、モッツァレラチーズのスープ。他にもリゾットなど、イタリア食材をところどころに取り入れているよう。

venezuela_dessert.jpg
venezuela_kanban.jpg

デザートの盛り合わせ。コンデンスミルクを使った濃厚な南米風カスタードプリンや、チュロス、アロスコンレチェ、チョコレートムースなどが、甘さ控えめに洗練されて登場。中でも、レアル・シェフのお得意はチョコレートを使ったデザートのよう(店名の「カカオ」もそこから由来したのだろう)。彼の祖国ベネズエラは、カカオの一大産地なのだった。

venezuela_chef.jpg
venezuela_robstar.jpg

11月12日には、2階のフレンチレストラン「トウェンティワン」で料理教室も開かれた。参加者が調理に参加するスタイルではなく、デモンストレーションだったのが残念だったが、ラテン系らしく、陽気でおしゃべり好き、気さくなレアル・シェフのレストランや料理のお話が、なかなか興味深かった。

右写真は、ロブスターのリゾット。生きたロブスターを茹でてトッピングした、ゴージャスな一品。オレンジのラムの香りがアクセント。

venezuela_cheese.jpg
venezuela_cake.jpg

左写真は、ベネズエラ風チーズスフレ、カチャーパ。リコッタチーズ(またはモッツァレラチーズ)を、とうもろこしの粉を混ぜた生地で焼いた、カンタンにできるおいしい料理。右写真は、レアル・シェフお得意のベネズエラ産チョコレートを使った、メルティングケーキ。使用するバターの量に仰天(笑)。

--------------------------------------------------------------

今回のマーブルラウンジのブッフェの品数は前菜、スープ、メイン、デザートを合わせて軽く30品以上ありました。過去にペルーやフィリピン、スリランカ料理フェアなどを行なってきた同ラウンジですが、今回は素材などに特に気合が入っていたように思えました。平日料金3450円(ネット予約でこの10%オフ)はお得な印象。

ベネズエラ料理フェアとは、ホテルにしてはかなりチャレンジングだなぁと思いましたが、次回も意外な国の料理フェアで、お客をびっくりさせてほしいものです(笑)。

-----------------------------------------------------------

マーブルラウンジ
新宿区西新宿6-6-2 東京ヒルトンホテル1F
Tel. 03-3344-5111(代表)

-----------------------------------------------------------


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

Hatsumiさん、コメントをありがとうございます。

現地の人が食べている料理は、もっと地味なものだと思います。記事中の通り、全米ベスト・シェフによるヌエボ・ラティーノ料理ということで、そのつもりで楽しめばよいかと。

ちなみに、私はベネズエラに行ったことがありませんが、ご参考までに、NYのベネズエラ・レストランの料理は、下記ページの写真のようなものでした。

http://e-food.jp/map/nation/venezuela.html

レアル・シェフの料理は、カタチこそ洗練させてはいるが、南米料理のオトシどころ(例えば、とうもろこしの粉や豆を多用したり...)をなかなか活かしているようでした。

  • 2006年11月17日 17:10

Yuricoさん情報を聞いてから これは行ってみたい!と思ってたんだけど、 誕生日月は 色々予定が入っちゃって 余裕がなかったです(涙) 今週から月末まで 1日おきに外食が続いてます・・ ベネズエラも店がなさそうだから このイベントは貴重ですよね♪
ただホテルだと 味は美味しいけど、どこまで現地の味なのか 食べ慣れてない人にもアレンジしてるのでは?と思うんだけど どうでした?


トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内