2006年11月08日

古代エジプトのビール「ホワイトナイル」

whitenile.jpg

古代のロマンあふれる商品

古代エジプトのエンマー小麦を使って、京大、早稲田大、黄桜(本社・京都・伏見)の共同開発したビール「ホワイトナイル」が、京都で売れ行き好調のようです。以下は、京都新聞の記事より。

--------------------------------------------------------------

京都大は6日、早稲田大、黄桜と共同開発し、今年4月から販売しているビール「ホワイトナイル」の販売本数が、9月までの上半期で年間販売目標(3万本)を大きく上回る4万4177本に達した、と発表した。

ホワイトナイルは、エンマー小麦で作られた古代エジプトのアルコール飲料を基に、現代的なビールとして開発した。今年はエンマー小麦の近縁種で製造し、京大生協や京大会館などのレストラン、京都と東京の黄桜直営店などで販売している。

詳しくは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061107-00000004-kyt-l26

--------------------------------------------------------------

このビールが作られたきっかけは、エジプト考古学者の吉村作治・早大教授が2004年に古代エジプトのビールを復元した際、エジプトで醸造に使われていたエンマー小麦を、京大栽培植物起源学研究室が提供したのが縁だったそうです。

世界のビールの発祥地のひとつといわれる古代エジプトのビールの研究・実験は、キリンビールが吉村教授をを交えて20年以上も前から手がけてきたとのことですが、商品化は黄桜に先を越されてしまいましたか...。

先日、たまたま横浜・生麦にあるキリン横浜ビアビレッジで行なわれている"ビール造り体験"に参加しまして、醸造の専門家に古代エジプト・ビールについてうかがってきました。

「パンをお湯の入った大型の壺に入れ、封をして数日間放っておくとビールになった」という、興味深い古代のビール製法。しかしながら、「実験はおもしろいが、売れるビールとして商品化するには、まだまだ課題がある」。現場の実情はそんなところのようでした。

全国展開している大ビール会社にとって、古代エジプト・ビールは、まだまだニッチなマーケットなのかもしれませんね。その一方、天下の文化都市・京都で商品化が実現したのは、うなずける話であります。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内