2006年10月25日

ハンガリーフード&ワインフェア?ロイヤルパークホテル

hungary_guyashu.jpg

ハンガリー料理のブッフェ

10月15日まで、水天宮前のロイヤルパークホテル1階のコーヒーショップ「シンフォニー」で開催された、ハンガリーフード&ワインフェアのリポートをお届けします。

ヒルトン東京や、ホテルオークラ、ウェスティン東京など、ホテルのレストランで各国料理フェアが人気を呼んでいる昨今。今回のロイヤルパークホテルのフェアは、ハンガリーの首都ブダペストの名門レストラン「グンデル」から、シェフとソムリエを迎えてのものとのことで、ブッフェ料理のほか、コースにもハンガリー料理が用意されていました。

以下はブッフェの料理の数々。上写真はハンガリーでポピュラーな料理、チキンパプリカです。

hungary_zensai.jpg
hungary_zensai2.jpg

まずは前菜。レバーペーストを乗せたゆで卵や、マッシュルームのトマト合え、スモークトラウトとビーツクリームソースなど、東欧の内陸国らしい品々がきれいに並んでいた。

hungary_namazu.jpg
hungary_soup.jpg

左写真の右上はキャットフィッシュのドロズマイ風 赤ピーマンソース。ほかになまずのスープも供されていた。ハンガリーでもナマズをよく食べるよう。ただし、「日本人の一般のお客様はあまり好まれないようで」とは、スタッフの方の声。

右写真は、これもハンガリーの伝統的なスープ、グヤーシュ。具は牛肉。赤い料理が多いのは、パプリカを多用しているから。

hungary_dessert.jpg
hungary_doll.jpg

デザートもハンガリーから。チョコレートムースのリゴーヤンチ。オーストリア=ハンガリー帝国のよすがを残すような、エレガントな外観と味わい。テイクアウトコーナーでも販売していた。片隅のハンガリーの民芸品もムードが盛り上げる。

-------------------------------------------------------------------

エグリ・ビカヴェールトカイなど、ワインもハンガリー産が用意されていましたが、ブッフェのお料理とデザートには、ハンガリー料理以外の通常メニューがけっこう含まれていました。これは、成田行きのTCATに近い場所柄から、仕方ないでしょうか。

安心して食べられるおいしさと、美しい料理のデコレーションは、さすがにホテルらしい高級感がありましたが、料金1人4200円(土日祝は4725円)プラス、10%のサービス料、食後のコーヒーは別料金というのは、コーヒーショップにしては、やや高額な印象でした。

料理の品数やサービスなど、トータルなコストパフォーマンスは、ホテルの1階のカフェという、同じような条件にあり、各国料理フェアに積極的な、ヒルトン東京のカフェ「マーブルラウンジ」の方が上回っているような気がしました。

競争原理が働いて、今後、ホテルの各国料理フェアがさらに成熟することを願いたいものです。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

ハンガリー料理も機会がないので 興味深い企画ですよね。
グヤーシュは父が作ったのしか食べたことないので 本格的なハンガリー料理も体験してみたいです。 

  • 2006年10月25日 21:43

トラックバックURL:

» パークホテル情報館 from パークホテルのサイト集情報
パークホテルのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。

トラックバック時刻: 2007年07月17日 17:22


この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内