2006年10月11日

団体旅行 料理も量から質の時代

シルバー世代や若い女性に対応

ヘルシー指向が定着し、また旅行のニーズが多様化した証拠でしょうか。以下は、今日の毎日新聞の記事より。

-----------------------------------------------------------------------

行楽の秋。旅行の大きな楽しみの一つに食事がある。だが、最近になってシルバー世代や若い女性の旅行客の間から、「たくさんあり過ぎて、食べきれない」との声が上がり、旅館やホテルの料理が量から質へと変わってきた。従来、メニューを選べなかった団体旅行でも料理の量を選べるツアーが組まれ、低カロリーの食事を用意するホテルも登場した。

詳しくは
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/shoku/news/20061011ddm013100049000c.html

-----------------------------------------------------------------------

私も、どちらかというと量より質の料理が好きですね。だから、こうした多様化は歓迎。

ただ、かといって、量が少なすぎるのもわびしく感じてしまうのですが...。また、ヘルシー指向はいいことだと思うけれど、フランス料理などは、あんまり軽いと、フランス料理ではなくなってしまうんじゃないかという心配が...。昔ながらの伝統的な食事も大切にしてほしいですね。

「団体旅行でも、由緒ある良質な食事を腹八分目に」。これがベストではないかと思ったりします。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内