2006年09月28日

アルコ・イリス・ベンボス|ペルー料理|五反田

benbos_niku.jpg

手ごろな価格のペルー料理

【五反田】五反田駅西口の、ちょっと猥雑な一角の中にある、手ごろな価格のペルー家庭料理店。

とにかく、ボリュームがあって値段が安いので、うれしくなってしまいました。

セビッチェ、ユカ・フリッタ(キャッサバのフライ)、パパアラワンカイーナ、リゾトデカルネ(肉チャーハン)、チチャロンデペスカード (白身魚の唐揚げ)、そしてパリヤーダ(牛肉、チョリソ、ローストチキン、串焼とサラダ盛り合わせ。上写真)がどーんと出た上に、コーヒー付きで1人2000円です(飲み放題にすると3500円)。

これは、都内で食べられる各国料理のベストバリュー価格のひとつではないでしょうか。お出かけの際は、ホットペッパーのクーポンを忘れずに。

benbos_ceivice.jpg
benbos_papa.jpg

セビッチェとパパアラワンカイーナ。セビッチェの下にはスライスしたポテトが隠れていた...。まさにポテトの原産国ペルーらしく、しょっぱなからイモづくし(笑)。

benbos_fish.jpg
benbos_chana.jpg

チチャロンデペスカードと、リゾトデカルネ。とにかくボリュームが多いのでびっくり。

benbos_pudding.jpg
benbos_shop.jpg

デザートのプリン。これもボリュームたっぷり。はちきれそうなほど、お腹いっぱいになりました(笑)。お店の周辺は、風俗店などが入り混じった猥雑な雰囲気で、夜、一人で歩くのがはばかられるほどなのだが、お店の建物自体や客層はいたって健全。

------------------------------------------------------------------

味やお店の雰囲気は、現地の食堂スタイル。決してオシャレではないですが、日系ペルー人のお客さんも多く、本場らしくていい感じでした。

五反田にはペルー総領事館があるそうで、近所には「ムンド・ラティーノ」という、ペルーやコロンビア、ブラジルの食材、音楽のCD等を扱うお店もあります。ここは日本語が通じにくかったりするくらいで(笑)、あちらの最新ヒットのCDや珍しいコロンビア食材など、現地仕様の品ぞろえがなかなかのものですよ。

-------------------------------------------------------------------
アルコ・イリス・ベンボス 五反田店
品川区東五反田1-15-5 宮本ビル2F
Tel. 03-3449-6629
http://www.hotpepper.jp/s/H000023434/top.html

■営業時間 Open: 12:00-22:30
■定休日 Close: 無休
-------------------------------------------------------------------


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

私の夫がペルー人なのでこのお店にはよく行きます。本当においしくて大好きです。ユカというジャガイモに似た野菜のフライやチキンのローストが絶品。アヒという香辛料はペルー料理のお店には必ずあるのですが、どこのお店もそれぞれ味が違っています。ここのアヒはおいしいです。お料理に混ぜて食べると美味しさも倍増です。ぜひお試しください。

  • ぽち
  • 2007年05月17日 21:45

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内