2006年09月08日

アフリカン・フェア

africanfair_kanban.jpg

経済産業省とジェトロが主催

去る9月2日から4日に、お台場の東京ビックサイト近くにある東京ファッションタウンで、「アフリカン・フェア」が開催されました。

主催は、経済産業省とジェトロ。だから、企業向けのおカタい展示会かと思いきや、実際は一般人も十分に楽しめるイベントでした。

私の驚きは、アフリカ各地の料理が食べられる「アフリカン・フードコート」。ありがちな、ワニのから揚げにダチョウのタタキかしらんと思っていたら、モロッコ、チュニジア、アルジェリア、スーダン、リベリア...と、ディープな国の本格派料理がズラリ(笑)。全国のアフリカ各国料理店(実際は、このイベントのための急ごしらえ料理もあったようですが)が、12店ほどブースを並べておりました。

africanfair_foodcourt.jpg
africanfair_algeria.jpg

アフリカン・フードコート。右写真は、アルジェリア料理のチュクチェカ。神戸のフレンチレストラン「Cafe de Paris」提供。おそらく店主かシェフがアルジェリア系フランス人なのだろう。ちなみに隣国チュニジアでは、似たような料理を、"シュクシャカ"という。

africanfair_liberia.jpg
africanfair_sudan.jpg

左写真は、リベリア料理のフェスティバルティラピアのフライ。池袋のナイジェリア料理店「サクラメント・バー&レストラン」提供。なぜかリベリア料理のブースがほかにもう一軒。こちらは町田付近にある、同じくナイジェリア料理店らしい。右写真は、スーダン料理のオクラシチュー。イベントなどに出張する「ノース・アフリカ・プロモーション」提供。

africanfair_shop.jpg
afrricafair_wine.jpg

会場には、こんなかわいらしい赤白ストライプ屋根の料理店ブースが、ズラリと並んでいた。右写真は展示コーナーのエリトリア・ブースにあったエリトリア産ワイン。エチオピアの上部にあるエリトリアには、キリスト教徒も多く、ワインを造っているそう。日本未輸入のマニア垂涎品。どこぞのインポーターさん、輸入してくださいまし(笑)。

---------------------------------------------------------------

う?ん、気合が入っているでしょう? 今回は、経済産業省とジェトロが推進する"開発途上国「一村一品」キャンペーン"の一環のフェアとのことで、こんなに珍しいモノが集まったのかもしれません。

期間中にはほかに、アフリカ各地のダンスや音楽のコンサート、アフリカグッズのマーケット、トークショーなども行なわれました。料理はもちろん、展示コーナーのレア商品を目にして、世界には、まだまだ知られていない市場があるんだなぁ、なんて感嘆しながら、帰宅の途についたのでした。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内