2006年09月26日

フィエスタ・メヒカーナ2006

mexico_show.jpg

9月のお台場で恒例のイベント

9月23日(土)、24日(日)に、お台場で開催された「フィエスタ・メヒカーナ2006」に行ってきました。

今年で7回目を迎えた、メキシコの音楽やアート、物産や食文化などを様々な角度から紹介するというこのイベント。明るい太陽とさわやかな青空が広がる秋晴れの天気が、メキシコらしい気分を盛り上げてくれます。

代々木公園や日比谷公園の各国イベントに比べると規模は小さいながら、ステージで開催されるメキシコ音楽のライブや、メキシコ民芸品の販売、そしてメキシコ料理のブース...と、ぎゅっと凝縮されたメヒコなムードを味わうことができました。

mexico_tento.jpg
mexico_tacos.jpg

会場には、「サルサ・カバナ」「ゼスト」「タコデリオ」など、首都圏のメキシコ料理レストランやケータリング店によるブースがズラリ。中でも、ひときわ長い行列ができていたのが、「ロス・アミーゴス」。本場メキシコの味を再現したタコスが、絶大な人気を呼んでいた。さすが、お客さんもお目が高い(笑)。ドネルケバブのような、ひときわ目立つ、肉の回し焼きマシンも、集客に効果をあげていたよう。

mexico_foods.jpg
mexico_tamares.jpg

「8000年の食文化」の文字がインパクトのある、メキシコの食品会社によるブース。トルティーヤの皮の材料である"マサ"の粉などのサンプルが置かれていた。左写真は、メキシコの料理人による実演とともに無料配布されていたタマーレス(ちまきのように、とうもろこしの皮で炊き込みご飯を包んだ料理)。まさに本場の味でした。

-----------------------------------------------------------------------

近くの東京ビックサイトでは「旅行博」が行なわれていたこともあり、こちらと併せて訪れる海外旅行好きな方もおられたようです。たくさんの国のブースが林立して、いったいどこの国に旅行したらいいのか、目がチカチカしそうだった(笑)旅行博よりも、メキシコに絞って、ご当地の食事もゆっくり楽しめたこちらのイベントの方が、私はずっと旅心がそそらられました。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

Hatsumiさん、コメントをありがとうございます。

タマーレスの配布は意外でした。でも、グローバルフェスも楽しみですよね?(ほんと、このところ毎週末に各国料理系のイベントが続きますよね)。

こちらこそ、30日にお目にかかれるのを楽しみにしています!

  • 2006年09月28日 16:48

タマレス 大好きです! 暫く食べてないから食べたくなりました♪
このイベントも終わってから 友達の日記で知りました・・ メキシコ大好きな私としては 逃してしまって残念。
来週はグローバルフェスですね、 初めてだけど楽しみにしてます。・・・っとその前に 持ち寄りでYurikoさんに会うの楽しみです!


トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内