2006年08月15日

アート弁当

artbento.jpg

開けてビックリ、似顔絵のお弁当

うわー、手先が器用な日本人ならではだなぁ、と感心、感心。今日の朝日新聞(asahi.com)の記事より。

--------------------------

【アートな弁当がブーム】

イチローやカルロス・ゴーンなどの有名人を、ご飯やおかずを使い彫刻や絵画のように作る主婦たちの弁当がブームだ。作品を紹介したサイトは大人気で、海外からも注目が集まる。苦労する割には家族に評価されにくい毎日の弁当作りが、芸術作品になってきた。

詳しくは
http://www.asahi.com/life/update/0815/005.html

--------------------------------------------------------

これならきっと、お弁当を作るのも楽しいし、お弁当箱を開けるのもビックリドキドキで、楽しくなりますよね。それでもって、ブログで公開すれば、さらにやる気がみなぎりそう...。

YahooやGoogleで"アート弁当"と検索すると、たくさんの写真入りサイトがヒットします。写真に撮っておかないと、食べるのがもったいないですものね?。

朝日マリオン・コムにもアート弁当のコーナーがあります。

で、私のような各国料理好きなら、もうちょっとこだわって、ゴーン弁当のごはんやレタスの代わりに、挽き割り小麦とか、アンディーブやタブーリ風のパセリサラダ(いずれも、ゴーンさんのご両親の故郷であるレバノン、フランスの食材)なんぞを使いたくなるかもしれません(笑)。


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

Hatsumiさん、コメントをありがとうございます。

そのうち、アート弁当の職人さんが現れそうですよね(笑)。

  • 2006年08月17日 16:37

とらまささん、コメントをありがとうございます。

時間がどれくらいかかって、味付けがどんななのか?、確かに...。

私もきっと見せびらかして、家に持って帰りそうです(笑)。

  • 2006年08月17日 16:35

ぅわぁ~♪ 私も自分の似顔絵 欲しいです!
先日 ワンちゃん友達が 愛犬の誕生日に 似顔絵を描いたデコレーションケーキを注文して日記に出てました。北海道からの特注らしいです。 
写真をデジタルでケーキに貼り付けるのは 以前 父が孫の誕生日に注文してウチで食べました。
オリジナルって 良いですよね~ 


こんばんは
すごいですね。
朝の忙しい時間帯にこんな芸術作品って。
いったいどれくらいの時間で作るのか知りたいですが、
お弁当で蒼い眼球をかき氷のシロップって・・・
全体の味付けが分からないのでなんともいえませんが。

こんなの作られた日には見せびらかしている最中、
転んでしまい結局食わずじまいになりそうな私です。 汗

  • とらまさ
  • 2006年08月16日 00:18

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内