2006年07月04日

ウェスティンホテル東京のドイツ料理フェア

victors_main.jpg

洗練されたドイツ料理

【恵比寿】ウェスティンホテル東京のレストラン「ビクターズ」で7月2日まで開催されたドイツフェアで、ミシュランの星を持つ南ドイツのレストラン「ツーム・シュトルヒェン」のオーナーシェフ、フリッツ・ヘルフェスリーダー氏による南ドイツ料理をいただいてきました。

上写真は、南ドイツの伝統料理であるメインの"ルーラーデン"(ザワークラウト&野菜の牛肉巻き)と"シュペッツェレ"(パスタのような小麦粉を練ってゆでた料理)です。

ヘルフェスリーダー氏親子の料理は、黒い森(ブラックフォレスト)の伝統に基づいた斬新さが定評とのこと。シェフにしてみれば、祖国ドイツがサッカーのワールドカップで準決勝に勝ち進んでいるところへ、ちょっと気の毒な気もしますが(笑)、私たちにとってはグッドタイミングな企画でした。

もっとも、ランチメニューの前菜が"ニース風サラダ"だったりして、いかにも南ドイツ的な料理は、先のメイン料理くらいだったのですが。日本でドイツ料理として思い出される、ソーセージも登場しませんでした。どうも、料理をモダンに洗練させるには、フレンチのエッセンスが不可欠なようで...。

victors_germanbread.jpg
victors_zensai.jpg

ドイツ風のライ麦パンやじゃがいも入りのパンなど。右写真は、前菜の豚肉とロブスター(ニース風サラダもおいしそうだったのだけれど、できるだけドイツらしいものをと思い、替えてもらった次第)。

victors_dessert.jpg
victors_floor.jpg

左写真は、黒い森をイメージしたという、デザートのその名も"ブラックフォレスト"。最初にいわれないとドイツ料理のデザートとは思えない?繊細な美しさ。右写真は「ビクターズ」の個室。世界各国のワインコレクションが並んでいた。

-------------------------------------------------------------

ミシュランの星付きだけに、味はどれもさすがにおいしいです。でも一方で、もうちょっと地方色が出ていたらさらによかったのに、なんて思いも。フレンチなら、今や、特別なフェアでなくても食べられますから。

---------------------------------------------
ビクターズ
目黒区三田1-4-1 恵比寿ガーデンプレイス内
ウェスティンホテル東京22F
Tel. 03-5423-7777
http://www.westin-tokyo.co.jp/jp/restaurant/v.html
---------------------------------------------


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内