2006年06月26日

ワールドカップな週末

koreantown.jpg

料理と楽しむサッカーの試合

ドイツで開催中のサッカーのワールドカップも決勝トーナメントに入り、がぜん盛り上がってきました。日本代表の敗退がとても残念でしたが、最高のプレーを楽しめるのはこれから。というわけで、この週末は私なりに、料理とともにW杯に明け暮れてみました(笑)。

まず金曜日は、スペイン対サウジアラビア戦を、六本木のスペインバル「ハモンハモン」で、サングリアを飲みながら(笑)観戦。消化試合だったけれど、スペイン人オーナーのお店だけに、応援には気合が入っていました。「エスパーニャ!エスパーニャ!」とスペイン人のお客さんが、フラメンコのリズムでステップを踏みながら声援していたのがおもしろかったなぁ。

***

続いて、早朝の韓国対スイス戦を、新宿・職安通りの韓国料理店・その名も「ワールドカップ」で観戦。ちなみに隣の店名は「大韓民国(デーハミング)」という、できすぎ(狙いすぎ)のロケーション(笑)。朝の4時前という時間帯にもかかわらず、赤いシャツを着た韓国のサポーターたちが大勢集まっていました(上写真)。

会場のお店では、ケーブルテレビによる韓国からの中継が放映されていましたが、試合開始前のアイドルタレント総出演の応援番組がスゴかった。国をあげてワールドカップに力を注いでいるのが、よーくわかりました。

ただし試合の方は、団子レースと化したグループGで16強進出を争う、熾烈な展開。"レッドデビル"のニックネームにちなんだ小さな赤い角をつけた女の子たちや、韓国の国旗をふりかざす若者たちの、"ケンチャナ、ケンチャナ(気にするな)"の声援とともに、一喜一憂の様子が、まるで昨夜の日本対ブラジル戦の我々をほうふつとさせるよう。

韓国代表、最後まであきらめないねばり強さで善戦したものの、スイスの鉄壁の守備に阻まれて得点を得られず、あえなく敗退。睡眠不足も手伝って、試合後のサポーターの脱力感は相当なものだったのではないでしょうか。お疲れ様でした...。

***

そして翌日は、イラン料理教室と、ブラジル料理教室の2連チャン。細かなコツや、お国についての雑談を含めて、料理はやはり本国出身の人から習いたいものだなぁ、と改めて感じましたね。

午前中は、神奈川県国際交流協会さんの主催、モクタリ・ダヴィッドさんの講師による「ペルシャ食体験セミナー」に参加。ペルシャ料理5品と、ペルシャ音楽のライブを楽しませていただきました。「ワールドカップを見ていてで寝不足でねぇ」とダヴィッドさん(笑)。いずこも同じですね。

irancooking.jpg
iranfood.jpg

ダヴィッドさんのペルシャ(イラン)料理教室。油を多用する料理なのに、仕上がりが割とさらっとした感じなのに、ちょっと驚きました。

brazil_cooking.jpg
brazil_feijoada.jpg

ルシアーナさんのブラジル料理教室。大納言小豆で代用して作るフェジョアーダは、見てくれは上のような感じで、イマイチなのですが(笑)、味はものすごくおいしい!感動しました。

また午後は、吉祥寺で「Luciana's Kitchen」を主催されている、ルシアーナ・タニさんによるブラジル料理教室。ブラジル北部のレシフェご出身のルシアーナさんの、身近な日本の食材を使って作るブラジル料理の数々を堪能させていただきました。

6月はブラジル人が大切にする収穫祭"フェスタ・ジュニーナ"の月なのですが、「今年はみんなサッカーに夢中で、お祭りを忘れちゃっているみたい」と苦笑いされていましたっけ。

ワールドカップの決勝トーナメントは7月9日まで続きます。これからも、各国料理店やその国出身の方々を訪ねながら、今しか味わえない、お国柄がにじみ出た応援・反響を一緒に楽しんでいきたいと思っています。

参考:
六本木・ワールドカップが観戦できるお店マップ


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki


e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作: 「しらべよう!世界の料理」全7巻 (ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

トラックバックURL:

この記事のURL:


カスタム検索

世界料理ブログ(新)

RSS フェイスブック ツイッター
e-food.jpについて
お問合せ
コミュニティのご案内